« 表参道をゆく | トップページ | 沖縄気分でミシン »

2009年8月13日 (木)

世界の行く末は?・・・そして高らかに

今日はミシンなどいじりながら、合間にYOUTUBEの動画を見ながら過ごしました。
テレビを見るよりネットで動画を探した方が

そんな中からおもしろいものを紹介します。

まずはアメリカについて
こんなこともあるのです。日本も他人事ではないですが。

恐怖を利用した「経済改革」
火事場泥棒の資本主義
金融救済でぼろ儲けする人たち

上の3つはあまり明るい話ではないですが、じゃあこれから世界はどうなって、どうすればいいのかと思う方はジャック・アタリ氏のお話を聞いてみてください。

「第1回 危機の核心とは何か」

「第2回 世界を襲う5つの波」

最後の方で、現在蔓延している利己主義から利他主義へそして博愛による超民主主義へと繋がっていくと述べております。
最近読んだ「日本の難点」の著者宮台真司も同様のことを書いていました。利他に生きるということ。そういう人が増えていくことが大切なのだと。利己的な人がどんなに良いことを 言っても本気で追随することはないでしょう。でも例えばチェ・ゲバラのように利他的な人の言うことは損得に関係なく伝わる・・・行動したくなる。
分厚くて途中で挫折したSF小説、ストロスの「アッチェレランド」の主人公も無償でアイデアを提供することでホテルにタダで泊まれたり、飛行機や電車にタダで乗れたり・・・生活に関わるものを自然と提供してもらえる人物でした。

利他的とか博愛とか昔からわかりきったことなのだと思いますが、やっぱりこれ。
ここにしか答えはないのだと思います。

余談・・・

「田原総一郎のタブーに朝鮮」というPodcastのリスナーからのメールで、
『(幸福の科学が立ち上げた幸福実現党について)私は幸福の科学の信者ではないですが、選挙前の報道は政党に偏りがあってはいけない決まりなのに、幸福実現党についてまるで存在しないかのように報道されないことに違和感を感じます。』
みたいなのがありました。
田原さんの回答
『何で今、宗教法人がとてもお金がかかる選挙に出なきゃならないのか、逆に聞きたい。』
と答えになっていなかった。公明党については全く触れず・・・田原さんも挑戦できないタブーがあるんだと・・・。

じゃ、最後にふざけた動画で
だいぶ前に見た動画なんですが久しぶりに見ちゃいました
チョーくだらないけど、ウケル

|

« 表参道をゆく | トップページ | 沖縄気分でミシン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表参道をゆく | トップページ | 沖縄気分でミシン »