« こんどは革で | トップページ | シンプル族の反乱 »

2009年10月13日 (火)

ゴールド・コンサート

今日第6回ゴールドコンサート・・・チャレンジド・ミュージシャンの競演、なるものに行ってきました。
チャレンジドの音楽コンテストです。
というかチャレンジド=障害者という言葉、初めて知りました。

なんというか・・・
抱えきれないほどのパワーと心にズンズンと突き刺さる刺激に
今もホント胸いっぱいという感じ

生命力のみなぎっている、そんな方々から発せられる音と歌。
そして歌詞はまさしく言霊。グイグイきました。

演奏後のコメントでこんなことをおっしゃる方がいました。
不便だけど不自由じゃない
アタタタタ・・・ついつい不便ばかりに気にしたりする自分にグサリ。

グランプリは珍獣王国というグループでした。
演奏はノリがよくてすごくカッコいい音で、グランプリってのもわかるわかる・・・と思っていたら、それは思っている以上にスゴイことことでした。
審査委員長の湯川れい子さんが、この完璧な演奏をするために珍獣王国の山下さんが実は色々な工夫をしていることを話してくださいました。見ていて工夫されているところはある程度わかりましたが、あの演奏はそれ以上の工夫と努力の賜物だったのかと感服致しました。

やっぱり
今生きている自分に
生かされている自分に
感謝をして日々を過ごすこと
自分ができることは何か
できるはずなのにできていないことはないか

口があれば感謝が伝えられる、誰かを元気付けてあげることができる
耳があるならきちんと話を聞いてあげられる
考える事ができるのなら、人のために何ができないか考えられる。
・・・他にもたくさんあるはずなのだから

来年のゴールドコンサートは10月3日にあるようです。

|

« こんどは革で | トップページ | シンプル族の反乱 »

コメント

ほんと、あのコンサートは感化されたよね。

そうそう、人から聞いたんだけど、
障害者→障がい者 らしい。

文字通りの配慮だね。
そういえば福祉住環境~の試験を受けたとき、
参考書にはそう記載されていたわ。

投稿: legorock | 2009年10月19日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんどは革で | トップページ | シンプル族の反乱 »