« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

Q-Drum

この本を見て、こりゃすごいなと思いました。
水を運ぶこのタンク。

これぞデザインの仕事だと思います。

Qdrum1_2

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

悲劇の携帯ケース

ずーっと手をつけられないでいた携帯電話ケースを作りました。
依頼内容は携帯電話が3つ入るもの。

そこでつくってはみたものの

作る以前の問題が・・・

martinくん、君は確か理系だったよね?

物理が得意だったよねぇ

建築学科出てたよねぇ?

動画を見てみてください。

R0010773_4 R0010772_3 R0010774_3


| | コメント (2)

2009年11月28日 (土)

靴の安売り市

年に二回、靴のメッカ浅草で靴の安売りがあります。

今回は今日と明日の二日間

場所は玉姫稲荷神社

通称"こんこん市"と呼ばれています。

紳士靴、婦人靴がメインで、革の鞄、革の衣類もチラホラ

出店しているのはメーカーです。
どんなものが並んでいるかといいますと、在庫品や若干難有りとされたもの。
だから問題なく履けるものばかりで、そんなに品質は悪くないですよ。

朝8時くらいから始まるそうで、掘り出し物目指して朝6時から並ぶ人もいるそうな
昔はかなり売れたらしく、ここでの売り上げが社員のボーナスになったという話です。

こういうのがあるから経済が成り立つんだと思います。
グローバルと対極のこういうのが・・・

だからお金も2種類あるべきだと思うな
このことは今度書こう~っと

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

クリスマスが近づき

今年のクリスマスのライトアップは少しキレイかもしれない。

最初は今年は少々控えめだなと批判的な見方をしてしまった
景気のせいかな・・・と。

でも、実はこれでいいんじゃないかと思い直した。

東京のクリスマスイルミネーションは、
まるで光で闇を塗りつぶすようなものが多かった。

だけど、控えめになることで光と闇のコントラストが生まれ、
光本来の美しさを感じることができる。

過剰なまでの眩さが美しいという麻痺した感覚を
適正なものに・・・

小さな灯火に愛を感じるような・・・

| | コメント (0)

三十路・独身・・・あと5年?

私と同じく未婚の方へ
勝間和代さんがおもしろいコラムを書いてたので介します。

結婚のすすめ1
結婚のすすめ2
結婚のすすめ3
結婚のすすめ4

あと5年・・・あるようでないなぁ・・・

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

おススメ本

サイドバーにおススメの本を追加しました。
プロフィールのページには今までに読んだ本を追加しました。

いっぺんには思い出せないので都度追加していきます。

人の家にいくと本棚が気になるので、
同じことをしてみました。

| | コメント (0)

やりたいことがいくつもある人へ

仕事や生活のことでやらなきゃならないことがいくつもあるとき、
どうやって対処しますか?
こんな時はどうにかせざるを得ないので、
どうにかこうにか、優先順位をつけて片付けていくと思います。

では、

やりたいことがいくつもある場合は、どれから手をつけますか?

つまり、自分がこんなふうに進んでいきたいとのような考えて、
どうやって優先順位を決めるかですね。
やらなきゃならないことの場合と違って、こちらは自分に選択権があるわけです。

仕事の場合と違って、基準も自分の内にあるのですから
こっちはこうであっちはああで・・・じゃあどっちをしよう
なんて決め方はなかなかできない・・・。

僕はこんなときこう考えます。

「 どちらのがカッコいいか! 」

ずいぶん軽い表現ですけど

これは何かというと、自分自身を他人の目で見てみるということです。
誤解しないでくださいね。
他人の目を気にするという意味ではないですよ。
こう考えることで自分と他人の中間地点から自分を見れます。

仕事が良くできる人でも、世渡り上手で頭のよい人でも
いざ自分に生き方の選択権が与えられるとなかなか上手く考えられない人がいる。
自分の中で、いくら考えてもどれも答えであるようなないような。
どういった行動をとればいいのか、どっちのが好きなのか
こっちのがお金がかかる/かからないとか、
こっちのが楽だと大変そうだとか・・・グルグルと。

だから一旦外へ出てみるのがいいんです。
そしてこう考えてみる

数日後、数ヵ月後、数年後振り返って
自分がカッコいいと思えるには
今何をすべきかと

自分の本当の気持ちは自分しか知らない・・・だけど選択に迷う自分。
一方で、他人の生き方について、あの人の生き方はスゴイなとかカッコいいなと判断できる自分がいると思います。
カッコいい生き方というのは、本人の気持ちと現実がによって成り立つものです。
自分よがりな人の生き方はカッコよくないですし、
他人や世間ばかりを気にした人の生き方もカッコよくない。
だからこの自分と他人の視野がが平衡状態にあるというか
上手く交錯したこのカッコいいという見方をすることが、
自分を振り返ったり、今後を考える為に丁度良いのです。

日常の小さなことから今後を左右することまで

あなたはどういう生き方の人がカッコいいと思いますか?
その視点で自分を見てみてください。
すると些細なことは気にならなくなると思います。

たとえ、すぐに結果が出せなくてもいいんです。
あとでカッコよいのなら。


| | コメント (1)

2009年11月21日 (土)

iPhoneケースupdateしました

iPhoneケースを作り直しました
だいぶ良くなりました。

使い始めて一週間ですが、だんだんと手に馴染んでくるのが実感できます。
それが革の良さなんでしょうね。

R0010760_2  R0010761_2  R0010762



| | コメント (2)

2009年11月15日 (日)

なるべく修理して長持ちにさせよう

風邪ひいてゲホゲホしているので
引きこもりながら
コツコツやってます

よく通勤で使ってるカバンが
ほつれてきちゃって

縫うだけだと心細いので革で補強して縫いました。

早速漉き機も活躍。

そこだけ革だとおかしいので周囲同じ革でパイピングしました。

写真は修理の前と後

Photo_2

Photo_4

| | コメント (0)

じゃじゃ~ん

ついに来ました。
漉き機
ミシンと仲良く隣同士

今年で2つ揃えてしまった
ガンガン使って元取らないとね

これ以上機械は置けないので
頑張って次は・・・うふふ

Photo

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

MARTIN、3分クッキング! 夢の作り方

夢とかやりたいこととかわからないという人は多いです。
やりたいことを持っててすごい、と言われたりもしますけど、
別に他の人と何が違うこともなくって、
強いて言えば安泰なサラリーマンから今に至るまでに
下記の先入観を捨ててきたからかなと

まずは自分の純粋な部分を発見してください。
現実的なことを考えるのはそのあとで。
まずは自分自身を感じ取ってください

① 夢を持たなきゃいけない・・・と思わない

確かにブログのタイトルは夢をもって生きようですが、
夢がないから夢を持たなきゃってことではない。
夢というのは考えて出てくるものではなく、
あるとき自然と気付くようなものだと思います。

また、夢は一度決めたら変えてはいけないものでもない。
僕自身だって夢は少しずつアップデートしている。

② 現在の社会に当てはめない

あなたのやりたいことは既存の職業でないかもしれない。
既存の職業に当てはめようとして、
気付かぬうちに大切な要素を切り捨ててるかもしれない。

③ 収入のことを考えない

一番の難題はこれかもしれない。
よくあるのが・・・月給○○万円以上もらえそうな仕事でやりたい仕事を探そう
・・・みたいなことは一気に選択範囲を狭めてしまう。
実行に移す時、なりたい職業の収入が少ないから、アルバイトで補う
とかいくらでも考えようはあるのだから
独身でも、家庭があっても

④ 人と比べない

ついついその職業の世間的な評価を気にしてしまったり、
カッコいいかとか、憧れの職業であるとか
そんなことよりも懸命に打ち込む姿が一番カッコいいと思います。

⑤ (最初は)社会や人の役に立とうと考えない

社会に貢献したり、人の役に立つことは大切です。
でもはじめから、それを考えすぎるのはどうかなと?
まずは自分がどうしたいかということが大切。
それが、ある程度わかってきた時点で
人や社会に対して何ができるのかを考えてみた方がいいと思う。
そうしないと、○○をして社会の役に立とうと思った時に
それは心から思っているのか単なるエゴか判断ができない。

⑥ 結論は急がない

人ってすぐに結論付けたくなる・・・それで気持ちが落ち着くから。
でもそれは一時的、中途半端は堂々巡りにしかならない。


| | コメント (3)

2009年11月 9日 (月)

母子手帳ケース・・・ともに育って欲しいな

出産を間近に控えた友人から
母子手帳ケースなるものを依頼されて
作って、プレゼントしました。

とても喜んでもらえて本当によかった

全体の雰囲気は、新しい無垢な命とともに使ってもらうということになるので、
洗練というより温かみとか軟らかいものに
金色のホックがついてるバンドの形は、当初四角っぽい形を考えていましたが、
新しく母となる友人のキャラから丸みのあるものを考えました

ペンがさせることと診察券等が挟めるもの
という希望を取り入れました。

赤ちゃんの成長と・・・
ヌメ側の色の変化と・・・
思い出と・・・

Snapshot1257691707649204 Snapshot1257691415737511 Snapshot1257691406707198

| | コメント (1)

2009年11月 7日 (土)

新宿にて

「さけのさかな」というバンドらしいです。
カッコよかった。

| | コメント (0)

大型設備投資です

ミシン屋さんで中古の革漉き機を見てきました。

漉くとは、革を削って薄くすることをいいます。

靴や革製品では、折り返したところや、革同士を縫い合わせるところを薄く削るわけです。

厚いままだと、そこだけ2は2倍の厚みになりゴワついてしまいます。

靴なら歩き難いものに、鞄や小物なら中身が取り出し難くなったり、ポケット
に入れても邪魔くさかったりするわけです。

例えば
以前載せた定期入れは8割くらいを漉く工程に費やしています。

その漉く作業が一瞬で片づきます。

この機械、今度の土曜にやって来ます。

Snapshot1257587061954375


| | コメント (0)

少しばかりデザインについて語ります

martin君、なぜデザインについて書かないのかと
古くからの親しい方々は思うかもしれない。

経済の話もいいよと 、
だけど本陣のものづくりについては何を考えているのかと
デザインについてはどんなスタンスなのかと


最近、学生の時以来約8年ぶりにあった女性に、まず言われたのが
「martin、学生の時より清潔感がある」と

知らない方に学生の頃の僕・・・結構いや~な感じのヤツでした
その頃の僕を知らない人に説明をすると、当時の僕はこんな感じ。
クリエイター気取りのなんか胡散臭いヤツ
服装はね、たまに林家ペー寸前
個性をはき違えたヤツ
やっぱ派手派手でしょ!斬新さでしょ!・・・シンプルくたばれ、伝統くたばれ
人の意見は聞かない自分最高!
人の作品は酷評

そんな僕は社会に出て、結局デザインとはあまり関係のない仕事をしていました。
でも、少しだけデザインできるところがあるんです。製品のデザイン(あまりデザイン性のない製品ですが)、カタログ、チラシ、取説、展示会のブース・・・。
かなり悶々としながら・・・。でも俺はセンスがあるんだと、お前らとは違うんだと。
服装もスーツにネクタイのこそ守りましたが、まるで漫才師かと(毎日ではないですが)

そしてデザイナーという職業にずっと憧れを抱き続け。
カーデザイナー、ファッションデザイナー、プロダクトデザイナー・・・。
とにかくデザインをしたいと。自分発でデザインして収入を得るとか、名声を得るとかに憧れて。
デザイナーというのが、僕の中で常に煌々と輝く花形の職業で。
靴をやろうと思ったときも、デザインするということがかなり頭にあった。

でも今、会社で靴を作りながら、個人的にも革で小物を作るようになって。
気持ちの変化に出てきたというか、これが本来の自分なのか
デザインしてやろうという気持ちが起きない
最近会社に靴デザイナーの人が来て、デザインをしているのだけど
以前だったらすごく羨ましく思えただろうに、なんとも思わない。


こんな捻くれたデザインへの思いを抱えていた僕が今何を考えているか。
デザインに興味がなくなったとかではなく、デザインに対する思いが全く変わってしまった。
執拗なまでの憧れから、いざ自分なりにデザインできることになって・・・。

今の僕が考えているデザインの仕方はこんな感じ。

「 機能や使う場面を考えて
使う人のキャラクターや気持ちを考えて
なるべく簡潔で美しい造形で結ぶこと 」

さっき、デザインしてやろうという気持ちが起きない、と書いたけど。
正確には、無理にデザインしようという気持ちが起こらないということ。
自然に逆らわないデザインが今の僕の気持ち。

例えば、自動車ならポルシェ911が好きなのだけど
それはこんな理由。
人が乗っていて、タイヤがあって、エンジンがあって
走りだせば空気が風になってぶつかってくる
この関係を線で結ぶとポルシェになる
その素直さがいいなと
(値段はね・・・いつかは乗ってみたいなと・・・)

だから深澤直人の「ふつう」という考え方も、本当の意味で理解できてきた感じがする。

あとはプロダクトだと、ディーター・ラムスとかアッキレ・カスティリオーニとか
ファッションだとマルタン・マルジェラとかウィム・ニールスとか
根本のところで考えてデザインしている人が好きで。

だから靴を作ることになっても、奇抜なのはやらないと思う。
靴も革製品もしっくりくるものをやりたい。
長く付き合える廃れないデザイン、というかその人のライフサイクルと共に活躍し、朽ちていくようなもの。

そんなことが今考えるデザインについてです。



| | コメント (1)

2009年11月 5日 (木)

消費されない製造業を目指してスタートします

だいぶ前に女性の皆さんにアンケートした企画

ブログでもチロッと書きましたが

その企画が、ついに経営陣からGo!がでました。
拍手拍手〜☆

目標は来秋スタート

女性の方々にはまたアンケートとかお願いするかもしれません。

ヨロシクです。

| | コメント (0)

至福のひととき

たまに寝付けないこともあるけれど
基本的にすぐ寝てしまいます。

でも本が大好きなので、
本を読みたいのですが
即寝てしまうので、
積読コレクションから何冊か取り出して
次に何を読もうかと目次をパラパラめくります。

すぐ寝てしまいますが、
それが至福のひとときなのです。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

寂しさは何のためにあるのか考えてみよう

今の日本の中で、私は寂しい、私は孤独であると言う人の中に、果たして本当に避けられない寂しさや孤独感を抱える人はどのくらいなのだろうかと考えてしまう。

モーリー・ロバートソンがラジオで・・・寂しいというのは主観的なものでしかないのかもしれない・・・と言っているのを聞いて「寂しさ」とその意味について一気に考えが浮かんできた。あくまでも私観で乱暴かもしれませんが、書きます。

まず、①今時の寂しさや孤独感がについて、
その後、②寂しさという感情が何のためにあるのか
を書こうと思う。

① 今時の寂しさや孤独感がについて

今回僕が語る寂しさは比較的若い人たちが抱える寂しさについてかな。
若い人の感じる寂しさはどうにかなる寂しさであることが多いと思う。だけれど、その寂しさをきちんと捕らえないと、後々どうしようもなく避けられない寂しさや孤独につながってしまう。是非一歩立ち止まって気持ちを整理するようなことをして欲しい。
だから書くのです。

最近の若者は比較的寂しさに弱いと感じています。別に見せられるデータがあるわけでもなく、直接彼らと話しているとそう思うのです。若者と言っても現代の日本人は幼いので若者という括りが適切かわかりませんがね。
若者の寂しさってそもそも本当に頼る人も友達もいない、ってことはめったに無く。家族もいたり、少なくとも何人かの友人がいたりするわけで、それなのに寂しい寂しいと感じるわけで。
じゃぁその寂しさ、そのどうにかなる寂しさって何?というとハッキリ言ってこうでしょ?

『私は◯◯と比較して寂しい』

違うかな?寂しい寂しいと感じている人。ピンときていないかな?でもなんか胸に刺さったんじゃないかな。
でもこの寂しさがが発端となって、スクスクと肥大していって、抜け出せなければ、名実ともに孤独というか、世の中から置き去りにされるという悲劇にもつながります。

寂しいと言う人や、本人は自覚していなくても(つまりは表面はポジティブな偽装元気)寂しさ故の行動をしている人を見ていると、何故?って思うことがあります。家族もいたり、多くはなくとも友達もいるのに寂しいというのですから。
そ してその寂しさの原因は・・・というかあえて原因といえば、何かとの比較なわけです。その比較対象とは、良い人間関係や人脈を持っている様に思える友人、 華やかそうなセレブな世界、また自分都合の理想的なのコミュニティ・・・などなど。そういったことと比較して、僕なんか、私なんかと言っている。話す人が いない、わかってくれる人がいない…寂しい…と。

そんな人たちは思う。△△さんはいつも誰かと一緒にいるのに、私は独りでいることが多い・・・なんか寂しい・・・と。
でもちょっと待って欲しい・・・そんな表面的なところで誰が寂しいの寂しくないのと判断して欲しくない。
その人は寂しさを埋めたいから沢山の人に会っているのかもしれないし、義理でやむなく会っているのかもしれないし。
確かに寂しいと思っている時はそんな面倒くさい人間関係でさえも羨ましく思えたりする。
僕もそんな時があったし。

人はそういう量的なところで結構惑わされてしまうんだよね。
少し横道にそれるけど、例えば趣味の場合。よく履歴書に趣味の欄があって何を書くか迷うのだけど、以前はそんな何を書こうか迷っている自分に劣等感を持っ たこともあった。でもね、この年になって思うのは、「多趣味な人≠魅力ある人」なこと。確かに趣味が多いということは、その人の好奇心のバロメータにな る、けどそれだけ。この人スゴイなぁとか、この人詰まってるなぁ、スゴイ言葉を言う人だなぁとか・・・そんな人はやっぱり、どれだけ真剣に生きているか、 考えて生きているかという人なわけで。先日も二十歳くらいの若者が、写真を趣味にしたいから一眼レフのデジカメを買おうと思う・・・スゴイカメラの方が 凝ってるっぽいし・・・なんて言ってたけどさ。
若者に限らず、人は表面的なところで判断しがちなわけで・・・。

寂しさの話に戻すと、じゃあ何かと比べる寂しさから抜け出す為に何から始めればいいかということ。
まずやってみて欲しいのは、家族や友人の名前を書き出して欲しい。
たったこれしかいないのかと思うかもしれないけれどさ、そんな気持ちを抑えて書き出した人の顔を思い出してみて。
その人との思い出はどんなかな?

何が言いたいかというと、人と比べるんじゃなくて、まずは自分のまわりにいてくれている人に感謝して欲しいということ。
ナンだよそんなことかよって思うかもしれないけど、まずはそこからだよ。

② 寂しさという感情が何のためにあるのか

じゃあ次は、何で寂しさという感情があるのかということ。僕は2つあると思う。
一つは、人に対して感謝の気持ちをもつ為。①の最後でも挙げたように感謝の気持ちに気付かせてくれるのは寂しさがあるからだと思う。
人は現状に感謝せず、当たり前と思いがちになる。特に人への感謝は、意識していないとせっかくやってくれていることをも当然のように考えてしまう。無いも のねだりの我儘な人間になってしまう。だからこそ、寂しさというものを抱えることで、そんな時に人がしてくれたことに暖かさを感じ感謝をするようにできて いるのだと思う。

もう一つ、それは成長する為だと思う。
寂しさは誰が癒してくれる?家族?友人?恋人?・・・どれも違うよね。
寂しさとうまく付き合うために必要なことは、自分で心に火を灯すということ。
確かに人と触れ合うことで寂しさは癒される。でも、それは一時的なものでしかない、ただの気休め。
寂しいが故に群れる友人同士、寂しいが故に寄り添う恋人同士というのは、互いに寂しさから逃避しているだけで、逃避するという絆で結ばれているだけで、そういった関係が2人を幸福にすることはない。
また、友人同士でも恋人同士でも一方が相手に寂しさを埋めて欲しいが故に一緒にいるのであれば、それは相手にとって迷惑な話。
寂しさから逃れようとしてできる人間関係は人の成長を妨げるばかりか、不幸な結果を生むことになる。

寂しさは、寂しさ向き合うことで、自分自身の問題だと自覚しなければいけない。だからまずは徹底的に寂しさと向き合って欲しい。適当に人と群れて誤魔化すようなことはしないで欲しい。
そしてそれを克服する為には、自分で自分の心に明かりを灯すことしなければいけない。そしてそれが人を成長させる。

それが寂しさという感情がある意味なのだと思う。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

iPhoneケース

iPhoneケースの試作ができました。

今回考えたのは、iPhoneという上質な道具を如何にシンプルに包むかということ。

男っぽい考え方かもしれないけどね。

イメージとしてはライカとその革ケースみたいな。 

まだ使い勝手や型紙の修正、細かな問題点がわかったので直そう思います

一番ダメなのが裏のフラップを留めるバネホックの厚み
ポケットから取り出すたびに引っかかる。

修正+機能と見た目のアップデートしたらまた報告します。

やっぱりちゃんとした革で作ると全然違います。

R0010757 R0010756


| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »