« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

赤いパスケースができました

年末年始時間があるので、
頼まれているものを少し作らねばと

これはある老婦人に
小さな頃、妹の喘息が酷くて、
家は両親不在のことが多くて
その時よくご飯を作ったり
家事をしに来てくれた方がいて

その人のために

20091230

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

ばあちゃんとMUJIとクリスマスと

昨日twitしたんですが、うちのおばあちゃまへのクリスマスプレゼントでぬいぐるみをあげました。これは無印で買ったのですが、どんなものかといいますと、基本的にかたちはかわいいクマなんですが、顔はのっぺらぼうなんです。

あえて表情をつけない、でもシルエットは確実にかわいいというところにMUJIらしさが出ている商品だと思います。

で何が起きたかといいますと、昨日帰ってきたらばあちゃんがクマの顔に黒い半球型のボタンを目と鼻の変わりに縫い付けてました。
とてもカワイイぬいぐるみが完成したわけで・・・。
かわいらしさを決め付けず、個人個人に委ねる・・・だからシルエットだけ
もしよかったら顔をつけてあげてね・・・というMUJIの意図なんでしょうが

85歳のばあさんがですよ・・・
MUJIに・・・ばあちゃんに・・・
両者に天晴れなクリスマスです。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

クリスマスの夜に・・・独り言です

前にも書いたけど、僕は土曜日だけコンビニでバイトをしています。
その店のバイトは、僕と数人のおばさんを除くとあとは大学生で

シフトが重なる人たちに必ずこの質問をする。
何の勉強をしてるの?
卒業後はどんなことしたいと思ってるの?

人の考えを聞いてどうこういえる立場でないけど
どんなことを考えているのかが知りたくてとりあえず聞く

すると最近の学生はかなり保守的で、比較的公務員系の志望が多い実態がわかってきた…僕のいる店なのでサンプル数はかなり少ないけど。
お役所仕事、教師、消防士、司書…マスコミか警察か迷ってますなんてのもいたな。どれも世の中を支える大事な仕事だよ…でもさって思う。
だけどしょうがない、それが今の世の中の雰囲気なのだから。
社会へ踏み出す前のデリケートな彼等の気持ちがそうなるのもさ。

不安定な世の中・・・だけど何か光があることを信じなくちゃ。

だから、ここからが本題。
ならば自分でも何かできることはないかと思うわけです。元気をプレゼントすることができないかと。
小さなことでも、少しの人にしか役に立てなかったとしてもね。

そこで人へ元気をプレゼントする…どうすればいいのかなと
大きなことをしなければスゴイなとか、私もガンバロとか思ってもらえないのか・・・
そんなことはないと思う。
少しのことでも社会に既に出てる僕らがイキイキと生きている姿を見せることができれば、次世代の若者たちに元気を与える事ができる。
社会に出て、辛いことも面白くないことも沢山ある・・・でもその中には沢山の可能性があるんだと

生きることと仕事をすることと幸せを感じることとが不可分でないと
そういうことを示してくれている人たちがいて、僕もそこの中に加わるぞと
修行の身は楽ではないけど・・・特にどんくさい僕には

クリスマスプレゼントにmartin製の靴をプレゼントしたいと思われるようになりたい・・・だから頑張る
だからガンバロ・・・としか今は言えないけど
来年は一歩進むぞと心に決めています。

そんなクリスマス。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

時間泥棒を逮捕せよ

最近無駄に夜更かしして、寝不足することが多かった

→寝不足する→眠い→あれをやらなきゃと意志で眠気をこらえる→でも頭が全然回らない→効率悪過ぎ→寝不足する→

デフレスパイラルならぬ眠気スパイラル

この眠気スパイラル、ちょっとした時間の無駄使いから始まる

もうちょっとインターネット
もうちょっとテレビ
もうちょっと趣味の時間
もうちょっと…
もうちょっと…

スパイラルを断ち切るには
寝る時間を決めるしかないと昨夜は12時に寝てみる
・・・と、やはりとても調子が良い。

起きてる時間は減っても、次の日の時間が濃密になる
通勤電車でも寝ずに読書できるしさ

当たり前のことだけどね・・・なかなかね

これからはしばらく12時就寝を目標にしてみよう

難波和彦という建築家のブログを良く見るのだけど
そこによく書かれているのが
「○○○を読みながら就寝・・・」
僕もそれがしたいのだけど、最近こんな調子だから
3行しか読めずに就寝・・・な毎日で

去年の今頃はバイト三昧で睡眠もろくに取れなかった
そんな自分がいるから、
睡眠不足=頑張ってる・・・みたいなおかしな意識ができている
今は違うのだから変えていかないと

やっぱり睡眠は時間の貯金なんじゃないかと
時間は24時間誰にも平等だけど
その使い方、密度でどれだけ差が出ることか

見えない黒い誘惑
時間泥棒とはうまく言ったもんだよ

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

大福

最近の大福は…やわらかい
いつまでも…やわらかい
冷蔵庫に入れても
あまり固くならない

夕暮れ時、近場の和菓子屋で大福を買った

少し固くなってた
でも…餅本来の味がした


固くなった大福は
焼けばうまい…

| | コメント (0)

コーヒーを飲みながら・・・思いました

忙しかったりして、自分のやりたいことがうまく進まないと、
どうしたもんかと考えてしまうことがある。
気のもち様や生活のどこかをカイゼンしなきゃとか。

でもこう思う・・・それはまだまだ幸せなことだと。

こんなことを言われたことはありませんか?
「好きの反対は嫌いではなく、無関心」・・・と
そんなことねーよ・・・とか言いつつ
言われてドキッとするこの言葉

日常もこれと同じなんだと思う。
忙しい・・・とか
どうにかしなきゃ・・・とか
こう思えているうちは全然幸せで

無気力になったり
批判ばかりしたり
なんでも人のせいにしたり
何を食べても美味しく思えなかったり
・・・それこそ悲しいことで

困難を困難と感じたりするほうが
まだまだ幸せだと・・・

嫌よ嫌よも好きの内ではないかと・・・

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

twitterを始めてみる

twitterに登録してみた。

どんなもんかと思いながら、手を出していなかったけど、

下記2冊の本と文科系トークラジオのtwitter特集を聞いて、

とりあえず登録してみた。

が・・・どんなもんか

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

少しずつですが・・・進歩しています

今回はつま先のところを少し飾ってみました。

ミシンもなんとかみれるようなものおになってきたかなぁ・・・

2009120201 2009120202 2009120203

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略

『フリー・・・〈無料〉からお金を生みだす新戦略』
クリスアンダーソン

この本を手に取ったのは、経済や消費の新たな形のヒントを得られるのではないか?と思ったから。

この本で扱われているのはフリーつまり無料で提供されるもの、主にインターネットやメディアの話。

僕らの世代はgoogleやwikipediaを使ったり、PCやケータイのネットからタダで沢山の情報を得ることにすでに慣れている。

でもこれが実はどんなことなのかと、あまり考えてみたことはなかったし、ものを作ってお金を稼ぎたい僕にとって、ネット上のフリーが利用者としての恩恵を除くとあまり関係がないように思っていた。

でもなるほど納得だったことが2つ。

一つは、”フリー”が富の再分配の役割をしているということ
大企業中心の世の中で、この”フリー”は主に企業広告を収入源としている。
このシステムの提供者は、利用者にとってより良いサービスを提供する。
そのサービスが良いほどに利用者が集まる。
利用者増により広告媒体としての価値が高まり、広告収入が増える。

だから、富が大企業に集中しやすい現在の経済の中で、
その集中した富の恩恵を僕ら一消費者に再分配しているわけで。

もう一つは、人はお金ではないものを求めている。
そしてその欲求が連鎖することでとても大きなパワーとなること。
LINUXやWikipediaは有償のものと同等或いはそれ以上のものを提供しているし、
ブログだってクズみたいなものが大半ではあるけれど、書籍より質のよいものだってある。

今までは傍観するしかなかった”暴走する資本主義”の流れに対して、
資本主義の論理でもって適正化できるかもしれない・・・
という希望の欠片を見ることができたかな・・・と思う。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »