« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

自分をいかして生きる

「自分をいかして生きる」という本を紹介します。

タイトルを見ると自己啓発本みたいですが、違います。
自分の好きなことして、稼いで、幸せになろう・・・みたいなことは書いてありません。
僕なりの言い方させてもらえば、「生き方を問う」本です。

著者は西村佳哲さん。前作の「自分の仕事を作る」が良い本でしかもナガオカケンメイさんが薦めているので本書も読もうと思いました。
その前作ではデザイナーなどのクリエイティブな職種の人に取材をして、受身の仕事ではなく自分なりの問題意識で自分なりの仕事をどうっていけばよいか、というようなことが書かれています。
僕はこの前作をダメダメなサラリーマンをやっている時に読んでいます。本屋で救いを求めるように購入して読んだものの、書かれているのがそもそもクリエイティブな職種の方々であったので、単なるサラリーマンには参考にならないな・・・みたいな気持ちで読み終えたと記憶してます。もちろん西村さんの意図は違いますよ・・・むしろ逆でフリーでクリエイティブの最前線にいるという過酷な状況の人たちが実践している仕事のエッセンスこそ、普遍的で皆のヒントになるから書かれたわけです。

では「自分をいかして生きる」について。
今の世の中、書店に行って本のタイトルを眺めれば一目瞭然ですが、結果ばかりに囚われています。そのためのhow to 本や成功、仕事、生き方についての本・・・、できるだけ知識や技術をすぐに、簡単に学びたい・・・、目標管理やどうアピールするか・・・、こういった類の本がものすごく多い。
その求められる結果とは、言うまでもなく"金儲け"につながっているわけです。金儲けとは汚い言い方ですが、働かざるもの食うべからずという道徳観と相まって、経済的な視点から仕事や生きがいを考える面が強すぎるように思えます。
そんな昨今に対し、西村さんは疑問を呈したのがこの本です。人は「気持ちがあって、思考して、行動して、結果が出る」という順番でものごとを進めていく、それなのに今は「行動して、結果が出る」ところしか気にしなくなっている。「気持ちがあって、思考して」という段階をまるで無意味かのように扱い、そんな暇もないように急かしまくる。
西村さんはこの思考するその前の段階言葉にならない気持ちのような部分こそ重要だといっています。

そういった気持ちや思考を大切にした生き方とは何か、それはプロセスを重要とする生き方です。
本書に自動車デザイナー、家電のデザイナーを経て蕎麦職人をやっている加藤晴之の言葉があります。
「やりたいことが見つからないとか、面白くないということがあってもどの瞬間でも、その中で一番やりたいこ とは多分ある。今どうしたいか、ということ。それをやってゆくと何か見つかってくるんじゃないか」
プロセスを大切にするというのはこういう生き方です。

そういえば僕が学生の頃研究した建築家村野藤吾も「現在主義」という独自のイズムを掲げていました。
そんな村野さんの作風は一貫性の無さが指摘されることもありますが、そうではなく時代や環境によって、また変わりゆく気持ち村野さんの気持ちをその瞬間瞬間に精一杯表現したものでした。

人は終わりや目標がないと不安です。でもその時々を一生懸命に生きていくことが大切です。
あとがきで西村さんも言っていますが、自分がこの世に生を受けたことをどれだけ感謝して、自分をいかすか、これこそが生きがいなのだと思います。

新年度が始まります。こんな本を読むことも、遠回りなようで近道かもしれません。

ではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

人生も夢もミックスジュース♪・・・自分探し、生きがい、個性的ってそんなにいいもの?

幸せかどうかってのは、本人がどう感じているかが重要であるわけです。
がしかし・・・ですね、そうばかりも言っていられないと思うのです。

よく見かけるのがこんな人、あなたは幸せでしょ?っていうか少なくとも不幸ではないよね?って思う人が、浮かない顔でもっともっと良いことはないも のか?とキョロキョロしている。

以前の僕は、そんな間でした。大して不幸でもないのに、なんなんだこのイケてない現状は・・・と不満ばかり抱えていた。

そして夢をもっている人、生きがいのある人、個性的な人が羨ましかった。


今になって思えば、それはちょっとしたことに気付い ていなかっただけでした。
今回は、その気付きをミックスジュースに例えて説明してみます

人はみな違う。今回その一人ひとりをミックスジュースに例えましょう。
どんなミックスジュースにしたいですか?何が入っていますか?何を入 れたいですか?

ミックスジュースの味を決めるポイントは3つかなと思います。

① 材料

② 配合

③ 濃度

で簡単に説明するとこんな感じ。
①の材料は、何を入れるかということであり、その人にとっての仕事や果たすべき役割などの生き方の選択肢に あたる。
②の配合は材料の混ぜ具合。ただし人の場合は、その時点での配合であるのはもちろんのこと、現在に至る経験の配合も重要。
僕だっ たら、現在は主に靴メーカの社員であり、沖縄物産を手伝い、少しずつ革でものづくりをしたり、両親の息子であり・・・、さらに経験として、スーツを着てダ メダメなサラリーマンもしたし、新聞配達もしたし、建築学科で・・・みたいな。
③の濃度はその果物からどれくらいキッチリ
絞ったかみたい な感じでしょうか。つまりは、どれくらい真剣にやったか、正面から取り組んだか、主体性を持ってやったか・・・。

ではではここから本題に、じゃあ美味しいミックスジュースをつくるには、つまりは夢と幸せにに満ちた生き方をするにはどうしたらいいか。
ま ず言いたいのが、ミックスジュースなら美味しいものを作ろうとするのに、生き方となると自分だけしか作れない味とか変わった味を求める、または美味しいと わかっている人のミックスジュースと如何に同じように作るかとかね。では①から③まで順番に・・・。

まずは①の材料。
ジュースに入れて美味しいもの・・・林檎、イチゴ、バナナ、牛乳、パイナップル・・・色々あるにはある。よくやってしまい がちなのは、誰もがミックスジュースであるのに、何を入れようかって考えた時に、人を見て、俺もそのフルール欲しいとか、理想の味のフルーツはないか な・・・みたいなことを思うこと。
人によって手に入れられる材料が異なるのはたしかだけど、それほど知らないものや変わったものってなくて、林 檎、イチゴ、バナナ、牛乳、パイナップル・・・のように誰もが知っているようなものの方が圧倒的に多いといういうこと。世界の未開の地にある至極のフルー ツを探すということも否定はしないけどさ。

でもね誰もが知っているような当たり前の材料でも変わった、人と全然違った美味しいミックスジュースができるわけ。
それは②の配合と③の濃 さ。
個性ってのはこの配合と濃さで決まる。みんな材料で個性を求めるからおかしなことになっちゃう・・・人と違った材料なんて滅多に手に入らない んだから。
配合はさ、ミルクたっぷりとか殆んどイチゴみたいな人もいれば、すごく沢山のものが入った人もいる・・・人の個性ってそういうところ。 スポーツ三昧の人や勉強大好きの人、人より少し絵が上手い、踊りが上手い・・・。国会議員をしてます、八百屋を経営してます、中小企業のサラリーマンで す、職人暦35年です・・・。一人っ子でした、兄弟は5人います、下町で育ちました、青森の自然豊かな場所で育ちました・・・などなどなど。
そし て最後に美味しさを決めるのは濃度。やっぱり水っぽいものより果汁100%みたいな方が美味しい。美味いはずの配合でも水っぽければ台無しなのです。濃度 を決めるのは何か、それはどれだけ真剣に取り組んだかとか、どれだけ持続させたか。

こうやってミックスジュースに例えから言いたいのは、①の材料より②や③であること。強いて言えば③の濃度が味の決め手になっていること。
こ れがその人の本質だと思う。個性的であることとは人と違う性格、キャラクター、人生経験・・・と思われがちだけど、そんなことではない。
言葉にな らないようなところに大切なものがあると思います。

好きなようにやればいいのさ、人のことは気にしないでさ。
人のことを気にしないって言うのは
実は僕だけの夢、私だけの生きがいなん て追わないってことさね・・・。

あぁ・・・普通の大人だったらカクテルで説明するだろうに、
その方がちょっとカッコよかったね・・・でも僕はお酒ダメだから。

まぁ・・・よしとしよう。
では1曲♪

ぼくのミックスジュース
作詞:五味太郎 作曲:渋谷毅

おはようさんの おおごえと
キラキラキラの おひさまと
それにゆうべの こわいゆめ
みんなミキサ-に ぶちこんで

あさは ミックスジュ-ス♪
ミックスジュ-ス♪
ミックスジュ-ス♪
こいつを ググッとのみほせば
きょうはいいこと あるかもね

ともだちなかよし うたごえと
スカッとはれた おおぞらと
それにけんかの べそっかき
みんなミキサ-に ぶちこんで

ひるは ミックスジュ-ス♪
ミックスジュ-ス♪
ミックスジュ-ス♪
こいつを ググッとのみほせば
なんでもかんでも いいちょうし

あのねそれでねの おはなしと
ほんわかおふろの いいきもちと
それにひざこぞうの すりきずを
みんなミキサ-に ぶちこんで

よるは ミックスジュ-ス♪
ミックスジュ-ス♪
ミックスジュ-ス♪
こいつを ググッとのみほせば
あとはぐっすり ゆめのなか

ではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

捨てられぬ者、得るべからず・・・夢と幻想は違うよ

以前にも自分の余計なものを削ぎ落としていくことが新たな可能性を広げてくれる、みたいなことを書きました。

今回は少し違った面から。

人間生きていれば、将来や進路について悩むわけで。
悩みに悩んで手にとってみた本にはこんな言葉が書いてあると舞い上がっちゃうわけで。
「好きなことを仕事にしよう」「本当の自分を表現すればいいんだよ」「遅すぎることはないんですよ」・・・
確かにその通りとも思います。僕自身そんな言葉に勇気付けられたこともありますし。
でも「捨てられぬ者、得るべからず」という言葉を添えて欲しい。
(でも書かないんだよね、自己啓発系の本は厳しいこと書くと売れなくなっちゃうから。可能性を開くだけ開いてさ)

僕のブログのサブタイトルは確かに「夢をもって生きよう」です。
だから夢はもって欲しいけど、幻想は少しづつ捨てていって欲しい。

将来や進路について悩む人は沢山選択肢をもってる・・・持ち過ぎている。
何でそんなに選択肢をもてるのか・・・それは可能性を見ているから。
その沢山の選択肢のそれぞれにできるかもしれないという希望を見ているから。

宮大工の棟梁は大卒は採用しない、中卒を採るという話がある。
中卒の人は自分が何もできず、ここで収入を得るしかないという自覚で入ってくる一方で、大卒はそれなりにできることがあって、大工の道がダメなら別の道という保険があると思っている。
これが仕事の姿勢にでるから大卒は要らないとなる。
スポーツ選手も同じ、浅田真央ちゃんだって、石川遼くんだってもちろん才能あってのことだけど、そればっかに集中させた親の存在がいたりすると思う。
昔は丁稚奉公だったり、経済的な理由でやむなしみたいな半分諦めの形で、それが自然な形で「退路を断つ」「背水の陣」になっていた。
それが一所懸命な態度として表れる。

だから将来や進路について悩んでいる人、悩める時点で、かなり幸せだということ。
その自覚がスタートであると思う。

あと一つ。
僕もそうですが、デジタルになれた若者で自分で何かを生み出して生きたい人は自覚しておいた方がいいことがあります。
それはPCやインターネットです。これらは諸刃の屋というか、すごく便利で表現の可能性を広げてくれるのは確かだけど、ある程度のものが簡単にできてしまうこと。
昔はデモテープ一つだってかなりの気合が要ったはず。グラフィックだってその色を出すのに何度も何度も試す根性が要ったはず。
そのデジタル機器なりソフトなり使いこなせただけでなんとなく8割、9割はプロに近いものができてしまったりする。
もちろんそっから先は険しい。でも自分には可能性があるように思えていつまでもそこに拘ってしまう。

夢と追いながら、「捨てられぬ者、得るべからず」を意識してましょう。

人にこうやって伝えながら、自分も地面を確り蹴っていくよう自覚させているんですがね。

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

人と人をつなぐ名刺入れ・・・です。

今週は作ったもののお礼の電話を頂いたり、なんと初めてお代を頂いたりと
なんとも嬉しいことがありました。

一方、なかなかものづくりできていなかったのですが、
名刺入れを作りました。友人の転職祝いにと約束して・・・だいぶ経ち。

初めての名刺入れ、実はここに至るまで気に入らず、上手くいかず、
いくつか没にしてようやくできたのがこれです。
勉強の為には、まずは真似て学ぼうと思い、
店頭や雑誌で見たものから自分の気に入ったものを研究して作ってみました。
見えませんが、裏地もちゃんと張ってあるので
革は薄く漉いていますが、丈夫な作りです。
コバの磨きにも挑戦しましたが、まだまだですな。

やってみれば、上手くいかないことばかりですが、
その代わりいくつものノウハウを得られました

中のポケットの下が若干間延びしていますが、
将来はここに僕のブランドの刻印が入るはず。  
人の為に作ったのですが、なかなかいい感じにできたので
自分でも欲しくなってしまいました。

こんな感じが気に入ってもらえて、納期の急がない方
今ならmartin ver β(試提供)ということでお安く作りますよ。


20100307blog0101_2  20100307blog0201_2

20100307blog0301

| | コメント (1)

2010年3月 3日 (水)

「沖縄おじさん出没」???・・・のお知らせ

僕が手伝っている沖縄物産のブログとができたのでお知らせします。
タイトルは「沖縄おじさん出没」

あとTwitterもはじめてます。Twitter ID はokinawabussanです。

少しづつ楽しいコンテンツを充実させていきますので
どちらもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »