« 人と人をつなぐ名刺入れ・・・です。 | トップページ | 人生も夢もミックスジュース♪・・・自分探し、生きがい、個性的ってそんなにいいもの? »

2010年3月14日 (日)

捨てられぬ者、得るべからず・・・夢と幻想は違うよ

以前にも自分の余計なものを削ぎ落としていくことが新たな可能性を広げてくれる、みたいなことを書きました。

今回は少し違った面から。

人間生きていれば、将来や進路について悩むわけで。
悩みに悩んで手にとってみた本にはこんな言葉が書いてあると舞い上がっちゃうわけで。
「好きなことを仕事にしよう」「本当の自分を表現すればいいんだよ」「遅すぎることはないんですよ」・・・
確かにその通りとも思います。僕自身そんな言葉に勇気付けられたこともありますし。
でも「捨てられぬ者、得るべからず」という言葉を添えて欲しい。
(でも書かないんだよね、自己啓発系の本は厳しいこと書くと売れなくなっちゃうから。可能性を開くだけ開いてさ)

僕のブログのサブタイトルは確かに「夢をもって生きよう」です。
だから夢はもって欲しいけど、幻想は少しづつ捨てていって欲しい。

将来や進路について悩む人は沢山選択肢をもってる・・・持ち過ぎている。
何でそんなに選択肢をもてるのか・・・それは可能性を見ているから。
その沢山の選択肢のそれぞれにできるかもしれないという希望を見ているから。

宮大工の棟梁は大卒は採用しない、中卒を採るという話がある。
中卒の人は自分が何もできず、ここで収入を得るしかないという自覚で入ってくる一方で、大卒はそれなりにできることがあって、大工の道がダメなら別の道という保険があると思っている。
これが仕事の姿勢にでるから大卒は要らないとなる。
スポーツ選手も同じ、浅田真央ちゃんだって、石川遼くんだってもちろん才能あってのことだけど、そればっかに集中させた親の存在がいたりすると思う。
昔は丁稚奉公だったり、経済的な理由でやむなしみたいな半分諦めの形で、それが自然な形で「退路を断つ」「背水の陣」になっていた。
それが一所懸命な態度として表れる。

だから将来や進路について悩んでいる人、悩める時点で、かなり幸せだということ。
その自覚がスタートであると思う。

あと一つ。
僕もそうですが、デジタルになれた若者で自分で何かを生み出して生きたい人は自覚しておいた方がいいことがあります。
それはPCやインターネットです。これらは諸刃の屋というか、すごく便利で表現の可能性を広げてくれるのは確かだけど、ある程度のものが簡単にできてしまうこと。
昔はデモテープ一つだってかなりの気合が要ったはず。グラフィックだってその色を出すのに何度も何度も試す根性が要ったはず。
そのデジタル機器なりソフトなり使いこなせただけでなんとなく8割、9割はプロに近いものができてしまったりする。
もちろんそっから先は険しい。でも自分には可能性があるように思えていつまでもそこに拘ってしまう。

夢と追いながら、「捨てられぬ者、得るべからず」を意識してましょう。

人にこうやって伝えながら、自分も地面を確り蹴っていくよう自覚させているんですがね。

|

« 人と人をつなぐ名刺入れ・・・です。 | トップページ | 人生も夢もミックスジュース♪・・・自分探し、生きがい、個性的ってそんなにいいもの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人と人をつなぐ名刺入れ・・・です。 | トップページ | 人生も夢もミックスジュース♪・・・自分探し、生きがい、個性的ってそんなにいいもの? »