« POST FOSSIL 展 | トップページ | 最近作ったものです・・・その1、ケータイケースと名刺入れ »

2010年5月16日 (日)

電子書籍の期待と危惧…iPadは何を超えて、何処へ向う?

電子書籍については興味が湧かない。もしiPadを買ったとしても、本は本で携帯すると思う。電子書籍として、持ちたいものは辞書や辞典や年表の類かな・・・iPhoneのものは使いやすいとは言い難いので。

音楽と本で大きく異なるのは、音楽は別のことをしながら聞くことが多いつまりサブの行動なのに対して、本の場合は本を読むことがメインとなる。だから音楽はできるだけ大量に持ち歩いて気分や行動にあわせて選曲したいという欲求が多くなる。本の場合は一冊に向き合って読む・・・一部の読書好きは複数を並行して読んだりもするけど。
だから音楽ほどには電子化は進まないと思っている。

では電子書籍に移行するかしないかは、またどんな本を紙でどんな本をデジタルで読むかを考えてみる。

①.物理的な境界
紙の本は重さと大きさがある。だから内容の価値と重さや大きさの物理的負担を天秤にかけて電子か紙かを選択するだろう。あとは仕事や研究でデータが豊富な書籍を大量に持ち歩きたい人はいるかもしれない。
だから書籍購入者には無料で若しくは割り安で電子書籍をプレゼントするという売り方は出てくるだろう。
もう一つ、端末が機能の複合体という面もある。AmazonのKindleは電子書籍機能のみだけど、iPadはノートパソコンのようにも使える。そう考えると、文庫本ならまだしも、単行本は持ちたくなくなるかもしれない。

②.身体的な境界
高齢者や視力にハンディのある人には文字の大きさを変えられる電子書籍はかなりメリットがある。また、①とも重なるけど高齢者や女性は重い本は辛いので電子書籍は歓迎されるだろう。

③.価格の境界
電子書籍は紙媒体より安い価格でダウンロードできる。また、青空文庫のような著作権切れで無料公開されたコンテンツも読める。Amazonは規定内の価格(紙媒体の半額以下とか・・・)で著者と合意した場合は、印税を70%にするといっていて、出版社を排除しようとしている。ブックオフは打撃を受けるかもしれない。

④.内容や密度の境界
しっかり内容の本をしっかりと読む人は紙媒体からなかなか離れないと思う。それは冒頭に書いたように一冊だけもっていればよいから。僕のように線を引きながら読む人はなおさら。逆に(失礼な言い方だけど、)密度のない本を好む人は、①や②と併せて電子書籍を選ぶだろう。例えば、1000~1500円で販売されているソフトカバーのお気軽ビジネス書の類が好きな人とか。字や行間が大きくて、普通に読んでも1時間もかからない、ハウツーや変な自己啓発本とか。
電子書籍は、こういった人を対象にした、質の悪いコンテンツを更に生み出すきっかけにもなる。iPadなどの端末で更に読みやすいように、10分で読める・・・みたいなものとか。それによって情報に振り回されたり、問いを持たず、簡単に答えを求める、メディアリテラシーの低い人が増えるのではないかと・・・不安もある。

⑤.新規メディアのコンテンツ
アマもプロも個人、フリーのジャーナリスト、NPO、教育機関・・・など等がネットでPodcastやUstreamの無料/有料の配信が当たり前のようになってきた。雑誌、新聞、広報誌など文字情報でしっかり読み込んで欲しいコンテンツに関しては、ネットの表示では見難いのでデジタル配信が拡がる。マスメディアの偏向に対して、正しい情報が拡がる可能性が新たに誕生するのは大歓迎。④と⑤は諸刃の剣だ。

⑥.電子書籍が電子書籍となった時

この言い方は、あいまいでわかりにくいかもしれないけど、電子書籍にあわせたコンテンツが登場するだろう。④の場合は電子書籍によって危惧されることであるのに対して、⑥は⑤と共に期待すること。
ベンヤミンが写真が写真としての進化を遂げる過程を示したようなことが起きると思う(※)。今の電子書籍は紙媒体の本の形式から離れてはいないけど、徐々に電子書籍の特性を活かしたものが出てくる。すでにFLASHを組み込んだ動きのあるようなものも出てきているようなので、いったいどんなものが出てくるか楽しみ。
例えば、ファミコンでドラクエなんかが流行り始めたころ、ゲームブックというかRPGを本で表現したものがあったけど、選択によって何通りにも読める小説なんかどうだろう。女性は想像力があるから、ハーレクイーンみたいな恋愛ものにインタラクティブな要素が加われば、ゲームでイケメン男子のキャラが具象化されているよりロマンティックかも・・・。

※・・・写真の始まりはとても絵画的なものでしかなかった。絵画やポートレートの代用として始まり、わざわざ絵画のように抽象的にぼやかす処理がされた。写真の特色は現実のリアリティをそのまま切り取れるということであり、徐々にその特性を活かした写真、例えばジャーナリズムの写真などが登場した。ベンヤミン『写真小史氏』(ちくま学芸文庫)


さてどうなるんでしょうね。ではまた。。。

|

« POST FOSSIL 展 | トップページ | 最近作ったものです・・・その1、ケータイケースと名刺入れ »

コメント

指でページをめくる
しおりを挿む
押し花をつくる
仰向けに寝転んで、開いた本を顔に乗っけて昼寝

私の好きなカヌー乗りの冒険家?は
海外に長期の川下りに行く際、たくさんの本を持っていき、
読んだ後は、焚火の材料にしてしまうそうです。

本がなくなるととても困りますね。

最近、辞書は電子辞書にしました。便利です。

投稿: green | 2010年5月16日 (日) 15時59分

カヌー乗りの冒険家のお話、素敵ですね。
僕は本を捨てたりできないので、無理ですけどw。

線引い書き込みしたり、本棚をながめて次は何を読もうか迷ってみたり。10年前に買った本を読んでみたり

日記と同じ、本は生きた証…だから今のままでいいかな。

※ 余談ですが…昔ボーイスカウトに入っていた時に聞いた話です。
熟練したキャンパーは新聞紙一枚でご飯を炊いてしまうそうです…一枚の新聞紙を捻って硬い棒状にして。

投稿: martin | 2010年5月16日 (日) 23時29分

カヌー乗りは、食料を減らしてでも本と椅子を荷物に入れるそうです。
アラスカで何週間も人に会わず命がけで川を流れ、
岸に上がって椅子に座って本を読むと
自分が自分であることを思い出す、と書いていました。
私も、初めは本を燃やすなんて…と思いましたが、その人の本は幸せかも。

新聞紙1枚で…?ん~素晴らしい。

では、また立ち寄ります。

投稿: green | 2010年5月17日 (月) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/34718293

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の期待と危惧…iPadは何を超えて、何処へ向う?:

« POST FOSSIL 展 | トップページ | 最近作ったものです・・・その1、ケータイケースと名刺入れ »