« 逝きし世の面影・・・POST FOSSILへといざなうPRE FOSSILの江戸 | トップページ | 「能の雅(エレガンス) 狂言の妙 (エスプリ)」展 ・・・もうNO!なんて言わない »

2010年7月 8日 (木)

martin 琉球シリーズ第一弾・・・ヌメと絣の名刺入れ

那覇のお店に置いていただけることになり、その商品として
琉球の布地を使った革小物を作るという課題に取り組んでおります。

布地の沢山送っていただいたもののアイデアが浮かばず。
やはり悩むのが、
空港の土産物のような、ベタなものにはしたくないし、
新奇さを追求しすぎて、布地を活かせないのもよくないし、
・・・ということ。

とりあえず第一弾として、名刺入れを考えて、作ってみました。

ベースはヌメ革です。

20100705blog01ok

あけるとこうなってます。
紺色の絣をV字に配しました。

20100705blog02ok

布のもっている良さというもは、その一枚を折ったり重ねたりすることで生きてくると思います。そうすることで、平面から奥行きが生まれる。

いくつか名刺入れを作ってきましたが、左右対称のものはどこが間(ま)が悪い。
この感覚は日本人の遺伝子なのか・・・わからないですが、
今回は非対称で作ってみると、名刺入れという小さなスペース良い間がうまれたように思います。

名刺はこんな感じで入ります。
右側はカードを入れにくそうですが、すんなり入ります。

20100705blog03ok

20100705blog04ok

martin 琉球シリーズはまだまだ続きます。
品質も向上させないと・・・

|

« 逝きし世の面影・・・POST FOSSILへといざなうPRE FOSSILの江戸 | トップページ | 「能の雅(エレガンス) 狂言の妙 (エスプリ)」展 ・・・もうNO!なんて言わない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/35676956

この記事へのトラックバック一覧です: martin 琉球シリーズ第一弾・・・ヌメと絣の名刺入れ:

« 逝きし世の面影・・・POST FOSSILへといざなうPRE FOSSILの江戸 | トップページ | 「能の雅(エレガンス) 狂言の妙 (エスプリ)」展 ・・・もうNO!なんて言わない »