« 佐藤雅彦ディレクション「“これも自分と 認めざるをえない”展」 その2 | トップページ | マン・レイ展 知られざる創作の秘密 ・・・あなたのMan Rayは見えますか? »

2010年7月29日 (木)

佐藤雅彦ディレクション「“これも自分と 認めざるをえない”展」 その3

● 属性と自分らしさ

人が求める属性と社会が与える属性にはズレがある。でもいつしかそれを
基準に人は属性を求めていく。

僕は以前ハッとしたことがある。
自分を見失って、悩んで、息詰まっていた時ある人にこう言われた。
「自分の好きなようにやってみなさい」と。

そのあと、しばらく自分がやりたいように行動してみた。でも何か晴れな
かったし、満たされるものがなかった。
好きなようにやっているのに、開かれないし、自由にも思えない。
その時立ち止って考えた、そしてわかったのは「自分の好きなようにやっ
てみる」という中で、自分というものが殆んどが実は「世間」だったとい
うことだった。
この得体の知れない、大きく朦朧とした薄光りする「世間」というものを
自分から除去する作業はしばらくかかった。捨てるべきとわかったことで
もあっさり手放せない。
会社員、サラリーマンということに嫌気が差しながらも、実はそうである
ことに安心している自分がいたことにも気付かされた。
やりたいことを考える時に、「収入」ということをかなり重要視してい
ることにも気付いた。
自分が素敵だと思えるというより、社会的に素敵と思われていることを追いかけていることに気付いた。

このセケンという境界の重ね塗りの畦道には、属性というポイントが点在して、人はそこにおいてあるリボンを一つ一つ集めていく。
でもそんな集めねばと思って集めた属性は、いつまで自分の属性であり続けるのだろう。自分が求めた属性は、脆い、それが世間の産物であれ尚更脆い。

属性に含まれない、或いは属性とされないといったもののに本当のみるべきものがあるのではないか。
いきなり飛びついて得たような属性はあまりに脆弱で・・・そう思う。
人が求めてるのは、不安をきっちり通過したものであったり、日常からであったり、わかりやすく言えば、
私は○○でない、△△が苦手だ、自信がない、不安だ・・・こういったもの積み重ねの方に、人々が得たい本当のものがあるのではないかと。

あえて・・・言ってみました。

佐藤雅彦さんは、今回の展示は楽しむんじゃなくて、大きな疑問を抱えな
がら家路について欲しい、と話していました。
“これも自分と認めざるをえない”この言葉に隠されたものは何か、ぜひ考えてみてください。

(終わり)

※ 体験型の展示が多いので、人が少なそうな時に行くのをおススメします。

|

« 佐藤雅彦ディレクション「“これも自分と 認めざるをえない”展」 その2 | トップページ | マン・レイ展 知られざる創作の秘密 ・・・あなたのMan Rayは見えますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/35912379

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤雅彦ディレクション「“これも自分と 認めざるをえない”展」 その3:

« 佐藤雅彦ディレクション「“これも自分と 認めざるをえない”展」 その2 | トップページ | マン・レイ展 知られざる創作の秘密 ・・・あなたのMan Rayは見えますか? »