« マザーウォーター | トップページ | 「REALITY LAB ― 再生・再創造」展 »

2010年11月 6日 (土)

HIRAMEKI Design × Finland

先日HIRAMEKI Design × Finlandへいってきました。
詳しい内容はこちらで見て頂きたいのですが、個人的に腑に落ちたことがありましたので、それについて書こうと思います。

何かといえば、シンプルということです。北欧のデザインはシンプルかつ温もりがある、なぜかなと思っていました。でも一緒にいた方の一言でそれが氷解したわけです。
その一言とは

・・・家で過ごす時間が長い国ですからね・・・

あっ!そうかと思いました。家にいる時間が長ければ自然とより住環境に気を配る。そんな中で生まれるのが北欧デザインと言われるものなんだ・・・と。

例えば、展示されていたこの小さなコーヒーテーブル、かなり重い。一見、こんなテーブルは片手でヒョイだと思って手をかけると、ものすごくしっかりしている。縁にかけての100mmくらいがテーパーしていて薄く見えるけど、中央部は30~40mmくらいは厚みがあってものすごく頑丈だった。

Hiarameki_habitek_m4_lores

たとえポップなデザインでも北欧のそれはメタなところで温もりと長持ちを考えられている、だから違ってくるのだなと。

翻って欧米や日本のことを考えてみると
欧米のシンプルは単純化やルールのようなものを大切にしていると思います。
(欧も米も分けずに言うのはかなり乱暴ですが・・・)
日本のそれは、本来違ったところに良さがあったはずだけど、最近は欧米と同じように考えていると思うのです。
つまり、素材など発想のはじまりは日本なのだけどデザインの編集が欧米流の編集になっている。
日本のシンプルにも単純化というか、引き算の文化があります。でも忘れてはいけないのは日本の場合、引きっぱなしではないこと、引いた分あるいはそれ以上を想像力で拡がりをもたせるということ。
枯山水、小間の茶室、能や俳句・・・。

経済の論理が入ってくるとデザインの話はどうしても表層の部分になりがちだけど、こういったメタな部分まで入ってこそ大切な学びがあるのだと思います。

フィンランド、ムーミンの故郷ですね。ムーミンもシンプルなラインで描かれたキャラクターで温もりのある容姿ですよね。


明日までですがね

『HIRAMEKI Design × Finland』

期間/10月29日(金)〜11月7日(日) 10:30〜19:00
場所/リビングデザインセンターOZONE
新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
1F(アトリウム、ギャラリー1&3)
3F(OZONEプラザ、パークタワーホール、ホワイエ)
7F(リビングデザインギャラリー)

|

« マザーウォーター | トップページ | 「REALITY LAB ― 再生・再創造」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/37549389

この記事へのトラックバック一覧です: HIRAMEKI Design × Finland:

« マザーウォーター | トップページ | 「REALITY LAB ― 再生・再創造」展 »