« スティール・パンのスティック・ケース | トップページ | 【book martin 41928】 006-02カール・ポランニー『経済の文明史』 経済の実在的と形式的 »

2011年1月27日 (木)

【book martin 41928】 006-01カール・ポランニー『経済の文明史』

Photo

経済というものは、どんな化物なんだと思っているのは僕だけではないと思う。この化物のことを皆が知りたいと思っている。経済というものは生活の根幹にあるもので、あらゆるものが経済的な仕組みによって成っている。それは生きることに関わる物ような部分から、社会制度の根幹にもなり、はては仮想空間のようなところまでも。経済の問題は簡単に答えの見つかるものではないのだけど、それでも少しづつ考えていきたいと思っている。

ポランニーの基本的な考えは、経済は社会の中に埋もれたものだということなのだけど、やはりそうだと思う。いや、正確には思いたい。ミルトン・フリードマンが『資本主義と自由』で世界を見てみろ、民主主義の国はみんな経済的に豊かじゃないか、でも逆はないだろみたいなことを書いていたと思う。けど、はて?と思いながらも読んだころの僕は上手く相対化できなかった。経済というものを少しづつつまんでいると、経済は成長し続けるという神話があまりにも大きすぎる気がする。

やっぱり経済をもっともっと引いた位置から、つまりは歴史的に俯瞰して見てみてみたくてこの本を読んだ。今の経済、もう少しはっきり言えば市場経済は人類史上どのように位置づければいいのかを知りたいと。

ポランニーは「経済は社会に埋もれたもの」だという。経済学というものだってせいぜいアダム・スミスから始まるわけだし。ちなみに『国富論』が1776年なのだから、かれこれ2世紀半も経っていない。とすれば、いまの世界って社会っていうのがそもそも人間にとって当たり前なのか否かは一度疑ってみる価値はあるんじゃないかな。仮に今が割と最適な状態であったとしても別の形態が存在していたということを知っていてもいいんじゃないかな。
なんでそんな事をいうかといえば、日本人の道徳とか価値だとかがあまりにも経済中心になってしまっているからなんだけど。

マックス・ヴェーバーがルターに始まるプロテスタンティズムの勤勉さがエトス(精神の柱となるような行動の原理のようなもの)となり資本主義を加速させたという。もちろんそこに産業革命があったこともある。日本人の場合、宮本常一さんあたりから始まって網野善彦さんがいうように日本は百姓=農業ばかりではなく、江戸時代から商業や産業が存在していて、資本主義へと発展する素養は十分にあった。でも、日本にはプロテスタンティズムのような絶対神を核とするエートスはなかった。そこで伊藤博文あたりが天皇を現人神とすることで、資本主義のエートスを日本に作った。戦後天皇は人間となりエートスはなくなり、日本国民はアノミー(宙ぶらりん)となった。

中心を欲した日本人は経済成長にかけた。そして世界第二位の経済大国となったまでは良かった。その地位からズルズルと下がりながらも、いまだに経済大国日本こそ真の姿という幻想が拭えないでいる。経済は成長し続けるという陽炎の如き仮説にしがみつく。いまでもアメリカの後を追いながら、経済の伸び代を血眼になって探す。
こないだも書いたけど、日本には日本流の良さがあっって、西欧発のキリスト教発の資本主義とまたひとつ違った経済の仕組みというものがあり得てもいいんじゃないかと思う。

アメリカは大戦中にサポートに回りながら戦火を被ることなく、金(きん)を集め、戦後はマーシャルプランでドルで援助をし世界にドルをばらまいた。これによってアメリカはドルを基軸通貨に据えることができた。そしてブレトンウッズ体制でドルは金に準拠し、安定した通貨であると宣言して、基軸通貨としての位置付けが完璧になった。もうドルは金にペッグしませんというニクソン・ショックまでアメリカは計算づくだったという話もあるけれど。
アメリカが政治でも経済でも覇権をとった頃から時が経ち、今過渡期に入っている。確かに市場経済がいくらグラついたいたものとはいえ、その外へ出ること、あるいはその次の発展的な制度へと移行することは今のところ相当飛躍した議論になるのかもしれない。ただ世界は変革の時期であって日本では天皇が変わることが一時代となるけれど、今世界史的な一つの時代が終わりつつあり、アメリカから次なる覇権への移行が始まっている、どの国かといえばそれは中国になるという説が強いけど、多極化の時代だとか無極化との説もある。


話がごちゃごちゃしてしまったけど、要は経済というものを根深いところから考えなおしてみるべきで、今は考え直すべき時であるということ。前置きだけで話が長くなってしまったので、本題は次回から。。。(つづく)


|

« スティール・パンのスティック・ケース | トップページ | 【book martin 41928】 006-02カール・ポランニー『経済の文明史』 経済の実在的と形式的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/38625625

この記事へのトラックバック一覧です: 【book martin 41928】 006-01カール・ポランニー『経済の文明史』:

« スティール・パンのスティック・ケース | トップページ | 【book martin 41928】 006-02カール・ポランニー『経済の文明史』 経済の実在的と形式的 »