« 靴の勉強をはじめます | トップページ | 日本人は何故短足で、足は幅広か »

2011年4月16日 (土)

なぜ日本はこんな国になったのだろう

今回の大地震は天災であって、どうしても避けられない出来事であったと思う。でも福島原発の件については明らかに人災と思わざるをえない。
原発が日本にできるに至ったのは、まずアメリカからのプッシュがあって、読売グループが大宣伝をし、その後は国も東京電力も大手マスコミが安心でクリーンと大合唱した。最近はオール電化とか電気自動車といったものが身近になりつつもあり、新たな時代は電気がつくるとばかり明らかに他のエネルギー(ガスや石油など)より先をいくイメージだった。
その背後には原発があって、疑いもせずに受け入れてきた僕らにも責任は大いにある。正直に言えば日本の電気代は世界一高いことも知らなかったし、むしろ原子力で安いのかと思っていた(実際は、むしろ原子力のせいで高くなっている)。のに、ことさえ良く知らなかった。そして電力を使いたい放題してきたこと、東京の夜景が綺麗だなと思っていたことも否めない。

はっきりいって、この状況は日本が戦争をしてしまった反省をいまだ教訓にできていない、ということになってしまうと思う。そうしているうちに、こんな事態になってしまった。原発のことは、テレビや新聞はあてに出来ないけれど、ネットを多用することと自分のリテラシーである程度精査しながら、事実を探り、受け入れなければならない苦難や危険を探ることはできる。でもそんなことではない不安というものが心中をうごめいている。それはこの日本国の権力階層のダメさはなんなんだということ。一部の人を除き、首相をはじめとし政治家、官僚、マスコミ、一部の企業は本当に日本を助けたいのか?と思ってしまう。たぶん自分の任期にこんなことが起きてツイてないなくらいにしか思っていないのだと思う。

だから日本人の思考/志向について探りたくなってっきた。この難を乗り越えたところでそのことを理解し、少しづつでも改めて進まねばまた同じことが起きてしまう。
これまで日本の歴史をみたり文化や芸術をみたりして日本の可能性を探ろうとしてきた。まだまだかじりる程度しか理解できてはいないけど、知れば知るほど日本を誇らしく思えてくる。けれどその作業は果てもないもので、そう簡単に日本というものを知ることはできない、故に可能性を見出す以上のスピードで心のどこかに焦りや不安のようなものが蓄積されてくる。今回の震災やその後の状況でそれはいっきに大きな存在となってしまった。
そしてとうとう始めてしまったのが、日本の何が悪いのかと考えること。もう楽観的に可能性ばかりを模索していられない自分がいた。まず何が悪いのか、なぜ悪くなったのか、何時悪くなったのか、それを知ろうと歴史を遡ったりしている。

粗い描写でしかないけれど今はこんなことだと思っている実在する。江戸時代の後半などは、とても幸せそうだったのはわかる。するとこの今の元凶は何か。 大きな転機は二度あったと思う。それは明治維新と終戦。まず戦前戦後を眺めてみると、ハッキリ言って今の日本をみているようだった。論理的思考もないし、役割や責任も明確でない、逆らえない空気のようなものが悪い方へ悪い方へと押し流していった。もう既に良くない日本はあったようだ。
だから、明治になったときに何か起きたのだと思う。いや、正確には黒船でペルリがきた頃かもしれない。日本は島国ということもあって国という意識がない。そもそも国というのは、集団が巨大化してできるものではなく、周囲に勢力ができることで、自らの集団を護ろうというところから生まれるものだからだ。そんな日本に攘夷という考えができたときに、坂本龍馬たちが国をつくらねばとなり、そして見事に明治政府が誕生したわけだ。そこに西洋のシステムでもって日本国を構築しようとしたものの、その基盤は旧来からの日本であって、どうもおかしなシステムができてしまった。

古くから封建社会でその土地土地で統治することをしてきた日本を中央集権化することに無理があっただろうし、そもそもキリスト教あっての民主主義、資本主義のシステムを無理やりそれまでの日本に組み入れたあたりも大きな原因なのだろう。西欧では精神のエトスとしてキリスト教があり神がありキリストがいた。日本はそれを真似て国家神道をつくった。キリストの代わりが現人神天皇になった。
でも民主主義を体裁を整えるために天皇はかたちだけの頂点で、政治に口を出せないことになっている。でも天皇のために尽くすのであるから、政府は国民の意を汲めないというおかしな政治が誕生する。
西欧では政教分離だけど、その根本にキリスト教と絶対の中心たる神がいる。一方日本は、突貫工事でその求心力を最大限にしようとしたもんだから国が推奨するおかしな宗教が国家神道(しかも国家神道は宗教でないので政教分離できていることにしていた)があって、実在する人間が神がいてと不可思議な構造になっている。そして、戦後はそれがアメリカをオカミにしながらというのが粗描写なんじゃないかと思う。もっともっと勉強しなきゃなと思っているけど。

こんなあら探しをしている。。。でも皆が頑張ってきっと乗り越えるって思っている。信じている。

|

« 靴の勉強をはじめます | トップページ | 日本人は何故短足で、足は幅広か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/39631689

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ日本はこんな国になったのだろう:

« 靴の勉強をはじめます | トップページ | 日本人は何故短足で、足は幅広か »