« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月13日 (月)

茶色のパスケース

Dsc_0159

茶色のパスケース、ストラップ付きです。
今回は、このブログを見て下さったからのお話で、有難いかぎりです。

Dsc_0161

ストラップは結ぶ感じがいいとのことでこんな風に

Dsc_0158

焼印などは、いつものとおり。
シンプルな感じで、ちょっと可愛らしさもある
そんなカンジでできたかな

次は財布の予定。。。ちょっと変わった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

名刺入れができました

Dsc_0161

友人のために作った名刺入れです。
表は黒のカーフ。中はヌメ。
中のポケットはミシンですが、外は黒の麻糸で手縫いしました。
財布や名刺しれは、外は落ち着いた趣で、中は使う人らしさ、みたいなものが出せたらと思います。

Dsc_0160

右側のポケットの曲線ラインが。。。好きです

Dsc_0173

外は黒で、カーフです。

Dsc_0170

コバは焦げ茶。

Dsc_01631

いつものmartinの焼印。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

【book martin 41928】 009網野善彦『無縁・楽・公界』

Photo

歴史は疎いから、いつも大意つかむのでやっとになる。歴史の本は資料がたくさん出てくるけど、それに一つ一つ食いついていたら読み終わらないので、ざっくりエッセンスだけ頂く感じ。網野さんの本は何冊かよんだけど、いつも網野史観はいいと思うな。権力側からみた歴史でなく、庶民からみた歴史。

この『無縁・公界・楽(むえん、くがい、らく)』は日本のアジール(聖域)の話。日本には権力の及ばない、社会から無縁の地域や場があった。治外法権で借金取りさえ追ってこれないような場。地域としては、博多や出島の長崎、桑名なんかも。博多には豊臣秀吉の御家人は屋敷を建てる事ができなかった。あとはいくつかの寺社の敷地内も無縁の場、例えば縁切り寺もその一つで、江戸時代は女性から離縁を迫ることができなかったけど、数年間そこで修行すれば縁切りが成立する。

面白いのは、楽市の話しかな。一般的に信長が自由市場を設けることで、尾張に商業を集中させて、他の大名から経済力を削ぐ目的があったとされているけど、網野善彦さんの見たては違う。楽は無縁の場で、社会にとってのアジールであったというもの。世の無縁の場にこそ経済発展のうごめきがあった。

寺の建立の為に資金を調達する勧進という職がある。この寺は最もわかりやすいアジールで、アジールだからこそ勧進という役割が成り立つ。アジールに属する勧進だからこそ、進んで寄進することができる。これは何かといえば、人の経済的な感覚というのは、利益を得るという事にかなり違和感があったということ。

無縁とされる場だからこそ儲けるとか寄付するということを行いやすかった。
西洋の資本主義のエートス(行動の動機)がプロテスタンティズムの勤勉さからきたというヴェーバーの話は有名だけど、日本の経済もこの世から距離をとった聖域で経済が発展した。これは、今の社会の経済観を疑う上で重要だと思う。ポランニーのいうような、生きるための交換が経済の始まりであり、人は損得で行動するという昨今の経済観の方が人類史上では異質であることを示す例となる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

生きる歓び、つくる歓び

昨日、住宅メーカーに勤めている友達と話していて

これからの経済成長なき社会での消費活動は、生きる為のものを消費する際に、できる限り歓びを感じれるものでなきゃいけないよね

って話をした。

彼曰く、よく壁に自分でペンキを塗りたいという人がいて、自分で塗れば、その費用が安くなると思っている人がいる。けど、残念ながら逆に高くついてしまう徒いうのが現実だと。

今の建築基準法や価格でいくと、どうしても壁は石膏ボードになってくる。すると、最も安上がりなのは壁紙を貼ることなる。なぜ高くなるかというと石膏ボードにペンキを塗ることはでいない為、左官屋さんに下地を塗ってもらい、その上にペンキを塗らなければならないからだ。

僕は、料理のように、作れるものは、好きなように自分の手で作ることが、生きる歓び、幸せな社会へと結びつくのではないかと思っている。

家を建てるという人生で最も大きな消費活動の中で、そういった自由が効かないというのは残念。自分の家を建てる、或いは好きな様にリフォームする、そういった時に自ら参加できるような仕組みづくりはできないのだろうか。

もしかしたらすでにそういうことをやっている人はいるのかもしれないけど、是非誰かそういうことをやらないかな。。。なんて僕にいう資格があるのかわからないけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »