« Terrence Malick - Tree of life | トップページ | メタボリズムの未来都市展、そして東京、ローカルな未来へ »

2011年10月 8日 (土)

ドキュメンタリー映画「幸せな時間」

知り合いが宣伝をしている映画で、この予告しか見ていないのですが
色々と思うことがありました。

僕の近親者の中には、ガンと認知症がいないのです。僕の家系はどちらかというと、脳の出血とかそういう系統です。

この映画ほど大変な状況ではなく、もっとありきたりですが、僕の記憶に重なるのは母方の祖父母でしょうか。

祖父母は、伯父夫婦と同居していましが、寝たきり状態の祖母の介護でいざこざが起き、家を売り、二人で老人ホームへ入りました。

祖母は2年前になくなりましたが、91歳になる祖父はとても元気です。いまでも電動自転車に乗って散歩したり、趣味のカメラは90歳にしてやっとデジカメに変えたりと。

祖母はちょっといい家柄だったらしいのです。そして、孫の僕がいうのもなんですが女優の様な顔立ちでした。一方の祖父は骨太でがっちりとしたジャガイモの様な風貌。
祖母がまだしっかり話せた頃こっそり聞かせてくれたことがあります。
二人は戦時下にお見合いで結婚するのですが、プライド高い祖母はそんな祖父と結婚したくなかったのだと。

互いに忙しくすれ違いばかり、趣味も性格もなに一つ共通点のないような夫婦は、
最後の五年ばかりをゆっくりと二人きりで過ごしたわけです。
本当にただ一緒にいただけの時間、祖母の状態からすると、おそらく大した会話もなかったでしょう。

延命処置をせず、祖母は安らかに最後を迎えます。斎場の都合で葬儀までは3日ありました。
祖父は毎日祖母の亡骸に会いに行きます。その行き帰りも、対面の時もいつもと変わらぬ表情でした。

幸せってなんでしょう。
社会学者・見田宗介さんは幸せは豊かさからではなく生きる歓びに由来すると書いてます。ニーチェや仏陀が悟ったのも、星の王子さまが気づいたものもそんなことなんだと思うのです。

人間ってのは、生物としてだけでは生きていけなくて、社会の中でも生きていかねばならなくて。下心なく生きていきたいけど、なかなかできなくて。

祖母は徐々に記憶が朧げになり、あまりうまく話せなくなっていきました。そんなでも、会いに行くと必ず僕に聞くのです。

結婚はしないの?好きな人はいないの?

|

« Terrence Malick - Tree of life | トップページ | メタボリズムの未来都市展、そして東京、ローカルな未来へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345309/42359798

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー映画「幸せな時間」:

« Terrence Malick - Tree of life | トップページ | メタボリズムの未来都市展、そして東京、ローカルな未来へ »