ニュース

2010年5月16日 (日)

電子書籍の期待と危惧…iPadは何を超えて、何処へ向う?

電子書籍については興味が湧かない。もしiPadを買ったとしても、本は本で携帯すると思う。電子書籍として、持ちたいものは辞書や辞典や年表の類かな・・・iPhoneのものは使いやすいとは言い難いので。

音楽と本で大きく異なるのは、音楽は別のことをしながら聞くことが多いつまりサブの行動なのに対して、本の場合は本を読むことがメインとなる。だから音楽はできるだけ大量に持ち歩いて気分や行動にあわせて選曲したいという欲求が多くなる。本の場合は一冊に向き合って読む・・・一部の読書好きは複数を並行して読んだりもするけど。
だから音楽ほどには電子化は進まないと思っている。

では電子書籍に移行するかしないかは、またどんな本を紙でどんな本をデジタルで読むかを考えてみる。

①.物理的な境界
紙の本は重さと大きさがある。だから内容の価値と重さや大きさの物理的負担を天秤にかけて電子か紙かを選択するだろう。あとは仕事や研究でデータが豊富な書籍を大量に持ち歩きたい人はいるかもしれない。
だから書籍購入者には無料で若しくは割り安で電子書籍をプレゼントするという売り方は出てくるだろう。
もう一つ、端末が機能の複合体という面もある。AmazonのKindleは電子書籍機能のみだけど、iPadはノートパソコンのようにも使える。そう考えると、文庫本ならまだしも、単行本は持ちたくなくなるかもしれない。

②.身体的な境界
高齢者や視力にハンディのある人には文字の大きさを変えられる電子書籍はかなりメリットがある。また、①とも重なるけど高齢者や女性は重い本は辛いので電子書籍は歓迎されるだろう。

③.価格の境界
電子書籍は紙媒体より安い価格でダウンロードできる。また、青空文庫のような著作権切れで無料公開されたコンテンツも読める。Amazonは規定内の価格(紙媒体の半額以下とか・・・)で著者と合意した場合は、印税を70%にするといっていて、出版社を排除しようとしている。ブックオフは打撃を受けるかもしれない。

④.内容や密度の境界
しっかり内容の本をしっかりと読む人は紙媒体からなかなか離れないと思う。それは冒頭に書いたように一冊だけもっていればよいから。僕のように線を引きながら読む人はなおさら。逆に(失礼な言い方だけど、)密度のない本を好む人は、①や②と併せて電子書籍を選ぶだろう。例えば、1000~1500円で販売されているソフトカバーのお気軽ビジネス書の類が好きな人とか。字や行間が大きくて、普通に読んでも1時間もかからない、ハウツーや変な自己啓発本とか。
電子書籍は、こういった人を対象にした、質の悪いコンテンツを更に生み出すきっかけにもなる。iPadなどの端末で更に読みやすいように、10分で読める・・・みたいなものとか。それによって情報に振り回されたり、問いを持たず、簡単に答えを求める、メディアリテラシーの低い人が増えるのではないかと・・・不安もある。

⑤.新規メディアのコンテンツ
アマもプロも個人、フリーのジャーナリスト、NPO、教育機関・・・など等がネットでPodcastやUstreamの無料/有料の配信が当たり前のようになってきた。雑誌、新聞、広報誌など文字情報でしっかり読み込んで欲しいコンテンツに関しては、ネットの表示では見難いのでデジタル配信が拡がる。マスメディアの偏向に対して、正しい情報が拡がる可能性が新たに誕生するのは大歓迎。④と⑤は諸刃の剣だ。

⑥.電子書籍が電子書籍となった時

この言い方は、あいまいでわかりにくいかもしれないけど、電子書籍にあわせたコンテンツが登場するだろう。④の場合は電子書籍によって危惧されることであるのに対して、⑥は⑤と共に期待すること。
ベンヤミンが写真が写真としての進化を遂げる過程を示したようなことが起きると思う(※)。今の電子書籍は紙媒体の本の形式から離れてはいないけど、徐々に電子書籍の特性を活かしたものが出てくる。すでにFLASHを組み込んだ動きのあるようなものも出てきているようなので、いったいどんなものが出てくるか楽しみ。
例えば、ファミコンでドラクエなんかが流行り始めたころ、ゲームブックというかRPGを本で表現したものがあったけど、選択によって何通りにも読める小説なんかどうだろう。女性は想像力があるから、ハーレクイーンみたいな恋愛ものにインタラクティブな要素が加われば、ゲームでイケメン男子のキャラが具象化されているよりロマンティックかも・・・。

※・・・写真の始まりはとても絵画的なものでしかなかった。絵画やポートレートの代用として始まり、わざわざ絵画のように抽象的にぼやかす処理がされた。写真の特色は現実のリアリティをそのまま切り取れるということであり、徐々にその特性を活かした写真、例えばジャーナリズムの写真などが登場した。ベンヤミン『写真小史氏』(ちくま学芸文庫)


さてどうなるんでしょうね。ではまた。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

自分をいかして生きる

「自分をいかして生きる」という本を紹介します。

タイトルを見ると自己啓発本みたいですが、違います。
自分の好きなことして、稼いで、幸せになろう・・・みたいなことは書いてありません。
僕なりの言い方させてもらえば、「生き方を問う」本です。

著者は西村佳哲さん。前作の「自分の仕事を作る」が良い本でしかもナガオカケンメイさんが薦めているので本書も読もうと思いました。
その前作ではデザイナーなどのクリエイティブな職種の人に取材をして、受身の仕事ではなく自分なりの問題意識で自分なりの仕事をどうっていけばよいか、というようなことが書かれています。
僕はこの前作をダメダメなサラリーマンをやっている時に読んでいます。本屋で救いを求めるように購入して読んだものの、書かれているのがそもそもクリエイティブな職種の方々であったので、単なるサラリーマンには参考にならないな・・・みたいな気持ちで読み終えたと記憶してます。もちろん西村さんの意図は違いますよ・・・むしろ逆でフリーでクリエイティブの最前線にいるという過酷な状況の人たちが実践している仕事のエッセンスこそ、普遍的で皆のヒントになるから書かれたわけです。

では「自分をいかして生きる」について。
今の世の中、書店に行って本のタイトルを眺めれば一目瞭然ですが、結果ばかりに囚われています。そのためのhow to 本や成功、仕事、生き方についての本・・・、できるだけ知識や技術をすぐに、簡単に学びたい・・・、目標管理やどうアピールするか・・・、こういった類の本がものすごく多い。
その求められる結果とは、言うまでもなく"金儲け"につながっているわけです。金儲けとは汚い言い方ですが、働かざるもの食うべからずという道徳観と相まって、経済的な視点から仕事や生きがいを考える面が強すぎるように思えます。
そんな昨今に対し、西村さんは疑問を呈したのがこの本です。人は「気持ちがあって、思考して、行動して、結果が出る」という順番でものごとを進めていく、それなのに今は「行動して、結果が出る」ところしか気にしなくなっている。「気持ちがあって、思考して」という段階をまるで無意味かのように扱い、そんな暇もないように急かしまくる。
西村さんはこの思考するその前の段階言葉にならない気持ちのような部分こそ重要だといっています。

そういった気持ちや思考を大切にした生き方とは何か、それはプロセスを重要とする生き方です。
本書に自動車デザイナー、家電のデザイナーを経て蕎麦職人をやっている加藤晴之の言葉があります。
「やりたいことが見つからないとか、面白くないということがあってもどの瞬間でも、その中で一番やりたいこ とは多分ある。今どうしたいか、ということ。それをやってゆくと何か見つかってくるんじゃないか」
プロセスを大切にするというのはこういう生き方です。

そういえば僕が学生の頃研究した建築家村野藤吾も「現在主義」という独自のイズムを掲げていました。
そんな村野さんの作風は一貫性の無さが指摘されることもありますが、そうではなく時代や環境によって、また変わりゆく気持ち村野さんの気持ちをその瞬間瞬間に精一杯表現したものでした。

人は終わりや目標がないと不安です。でもその時々を一生懸命に生きていくことが大切です。
あとがきで西村さんも言っていますが、自分がこの世に生を受けたことをどれだけ感謝して、自分をいかすか、これこそが生きがいなのだと思います。

新年度が始まります。こんな本を読むことも、遠回りなようで近道かもしれません。

ではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

重要なことです・・・ぜひまわりの人に伝えてください

僕の好きなi-morleyというメディアがあります。
ここでとても重要なことを知りました。

知ったからには皆さんにお伝えしなければと思います。
このブログは本当に小さなメディアですが、皆が幸せに生きる社会を願う僕として正しいことをお伝えしたいと思います。
それが今僕にできることと思うので、書きます。
少々気がひける内容かもしれませんが、まわりの人に伝えてください。
僕も今日、会社の同僚や社長に話してきました。

クローン病という難病があります。
食べ物を口に入れて排泄されるまでの経路全域(食道⇒胃⇒腸⇒肛門)に炎症が起きる病気です。原因は不明ですが、アレルギーのように免疫機能が誤作動を起こし、体内の細胞を傷めつけるようです。日本では約2万人の患者がいます。(詳細はWikipedia参照)

成田さんというクローン病を患った方がいます。
彼は日本で治療を受けながらいっこうに症状は改善されませんでした。毎日20種以上の薬を必要とする生活。また、患部を治療する為に管を通す辛い手術を2度受けたそうです。そんな成田さんですが、今は食事制限することもなく、体調も優れた状態になっています。

なぜ成田さんの病状が改善されたか、それは医療大麻による治療を行っているからです。現在成田さんはアメリカにいます。アメリカでは14の州で医療大麻が認められているのです。

成田さんは日本での医療大麻解禁を願い、下記のブログやインターネット中継で自ら呼びかけを行っております。

・成田さんのブログ
http://profile.ameba.jp/iryou-taima/
・成田さんのUSTREAM(インターネット生中継)
http://www.ustream.tv/channel/mmlf00

現在の日本の大麻の扱いは、医療大麻のの論議が起きるどころか覚醒剤と同等の報道がなされています。日本でも古来から民間医療として大麻が使用されてきました。クローン病の他にも、沢山の病気に効果があることがわかっています。

大麻取締法について簡単に・・・
大麻取締法は戦後GHQつまりアメリカの指導により制定されたもので、日本ではその良し悪しについてとくに検討されないまま現在に至ります。
ではなぜアメリカで大麻が禁止されたか、ですが薬品業界と石油業界からのロビー活動によって作られました。格安で手に入る大麻が薬品としてきわめて優れており、麻という素材が大変丈夫で、化学繊維の市場にとって邪魔だったからなのです。

そんな利権によってできた大麻取締法でしかないのです。また、医療としてでさえ、大麻を少しでも善とする報道は現在マスコミ界ではタブーとなっています。

医療の問題として、法律の問題として、メディアの問題として
こういった事実が一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

成田さんを応援しましょう。
そして一人でも多くの人が幸せになれる世界の為に・・・。

| | コメント (0)