書籍・雑誌

2010年5月16日 (日)

電子書籍の期待と危惧…iPadは何を超えて、何処へ向う?

電子書籍については興味が湧かない。もしiPadを買ったとしても、本は本で携帯すると思う。電子書籍として、持ちたいものは辞書や辞典や年表の類かな・・・iPhoneのものは使いやすいとは言い難いので。

音楽と本で大きく異なるのは、音楽は別のことをしながら聞くことが多いつまりサブの行動なのに対して、本の場合は本を読むことがメインとなる。だから音楽はできるだけ大量に持ち歩いて気分や行動にあわせて選曲したいという欲求が多くなる。本の場合は一冊に向き合って読む・・・一部の読書好きは複数を並行して読んだりもするけど。
だから音楽ほどには電子化は進まないと思っている。

では電子書籍に移行するかしないかは、またどんな本を紙でどんな本をデジタルで読むかを考えてみる。

①.物理的な境界
紙の本は重さと大きさがある。だから内容の価値と重さや大きさの物理的負担を天秤にかけて電子か紙かを選択するだろう。あとは仕事や研究でデータが豊富な書籍を大量に持ち歩きたい人はいるかもしれない。
だから書籍購入者には無料で若しくは割り安で電子書籍をプレゼントするという売り方は出てくるだろう。
もう一つ、端末が機能の複合体という面もある。AmazonのKindleは電子書籍機能のみだけど、iPadはノートパソコンのようにも使える。そう考えると、文庫本ならまだしも、単行本は持ちたくなくなるかもしれない。

②.身体的な境界
高齢者や視力にハンディのある人には文字の大きさを変えられる電子書籍はかなりメリットがある。また、①とも重なるけど高齢者や女性は重い本は辛いので電子書籍は歓迎されるだろう。

③.価格の境界
電子書籍は紙媒体より安い価格でダウンロードできる。また、青空文庫のような著作権切れで無料公開されたコンテンツも読める。Amazonは規定内の価格(紙媒体の半額以下とか・・・)で著者と合意した場合は、印税を70%にするといっていて、出版社を排除しようとしている。ブックオフは打撃を受けるかもしれない。

④.内容や密度の境界
しっかり内容の本をしっかりと読む人は紙媒体からなかなか離れないと思う。それは冒頭に書いたように一冊だけもっていればよいから。僕のように線を引きながら読む人はなおさら。逆に(失礼な言い方だけど、)密度のない本を好む人は、①や②と併せて電子書籍を選ぶだろう。例えば、1000~1500円で販売されているソフトカバーのお気軽ビジネス書の類が好きな人とか。字や行間が大きくて、普通に読んでも1時間もかからない、ハウツーや変な自己啓発本とか。
電子書籍は、こういった人を対象にした、質の悪いコンテンツを更に生み出すきっかけにもなる。iPadなどの端末で更に読みやすいように、10分で読める・・・みたいなものとか。それによって情報に振り回されたり、問いを持たず、簡単に答えを求める、メディアリテラシーの低い人が増えるのではないかと・・・不安もある。

⑤.新規メディアのコンテンツ
アマもプロも個人、フリーのジャーナリスト、NPO、教育機関・・・など等がネットでPodcastやUstreamの無料/有料の配信が当たり前のようになってきた。雑誌、新聞、広報誌など文字情報でしっかり読み込んで欲しいコンテンツに関しては、ネットの表示では見難いのでデジタル配信が拡がる。マスメディアの偏向に対して、正しい情報が拡がる可能性が新たに誕生するのは大歓迎。④と⑤は諸刃の剣だ。

⑥.電子書籍が電子書籍となった時

この言い方は、あいまいでわかりにくいかもしれないけど、電子書籍にあわせたコンテンツが登場するだろう。④の場合は電子書籍によって危惧されることであるのに対して、⑥は⑤と共に期待すること。
ベンヤミンが写真が写真としての進化を遂げる過程を示したようなことが起きると思う(※)。今の電子書籍は紙媒体の本の形式から離れてはいないけど、徐々に電子書籍の特性を活かしたものが出てくる。すでにFLASHを組み込んだ動きのあるようなものも出てきているようなので、いったいどんなものが出てくるか楽しみ。
例えば、ファミコンでドラクエなんかが流行り始めたころ、ゲームブックというかRPGを本で表現したものがあったけど、選択によって何通りにも読める小説なんかどうだろう。女性は想像力があるから、ハーレクイーンみたいな恋愛ものにインタラクティブな要素が加われば、ゲームでイケメン男子のキャラが具象化されているよりロマンティックかも・・・。

※・・・写真の始まりはとても絵画的なものでしかなかった。絵画やポートレートの代用として始まり、わざわざ絵画のように抽象的にぼやかす処理がされた。写真の特色は現実のリアリティをそのまま切り取れるということであり、徐々にその特性を活かした写真、例えばジャーナリズムの写真などが登場した。ベンヤミン『写真小史氏』(ちくま学芸文庫)


さてどうなるんでしょうね。ではまた。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略

『フリー・・・〈無料〉からお金を生みだす新戦略』
クリスアンダーソン

この本を手に取ったのは、経済や消費の新たな形のヒントを得られるのではないか?と思ったから。

この本で扱われているのはフリーつまり無料で提供されるもの、主にインターネットやメディアの話。

僕らの世代はgoogleやwikipediaを使ったり、PCやケータイのネットからタダで沢山の情報を得ることにすでに慣れている。

でもこれが実はどんなことなのかと、あまり考えてみたことはなかったし、ものを作ってお金を稼ぎたい僕にとって、ネット上のフリーが利用者としての恩恵を除くとあまり関係がないように思っていた。

でもなるほど納得だったことが2つ。

一つは、”フリー”が富の再分配の役割をしているということ
大企業中心の世の中で、この”フリー”は主に企業広告を収入源としている。
このシステムの提供者は、利用者にとってより良いサービスを提供する。
そのサービスが良いほどに利用者が集まる。
利用者増により広告媒体としての価値が高まり、広告収入が増える。

だから、富が大企業に集中しやすい現在の経済の中で、
その集中した富の恩恵を僕ら一消費者に再分配しているわけで。

もう一つは、人はお金ではないものを求めている。
そしてその欲求が連鎖することでとても大きなパワーとなること。
LINUXやWikipediaは有償のものと同等或いはそれ以上のものを提供しているし、
ブログだってクズみたいなものが大半ではあるけれど、書籍より質のよいものだってある。

今までは傍観するしかなかった”暴走する資本主義”の流れに対して、
資本主義の論理でもって適正化できるかもしれない・・・
という希望の欠片を見ることができたかな・・・と思う。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

幸福の方程式

とても良い本があったので、紹介しますね。
『幸福の方程式』
山田昌弘+電通チームハピネス

不景気!不景気!
モノが売れない売れない!
お金もないない!

って言ってる間があるなら
考えてる間があるなら
早速本屋へ行くか、送料無料キャンペーン中のAmazonでクリックしてこの本を買って読んでみて欲しい。

まず全てのひとに
 消費者として
 働く者として、
 また人生について
 幸せについて
考えるために読んで欲しいし

商売をしている人、仕様としている人、ビジネスで何か企画している人
には何かしらの手がかりとなるはず

なるほど~と考えさせられ
自分を重ねてドキッとし
これからの自分について、社会について示唆も与えられて

この内容で、この価格で、読みやすい厚さで・・・
おススメ!

この本の何が素晴らしいかというと、
誰もが抱える幸福とお金と仕事の問題について、
こんなに明解に、消費という現実に近いところから書かれていることです。
幸福とお金についてはよく精神的な面から語られますよね。それはそれで大切なことですが、この本では日々行っている消費という活動で自らをなぞらえて考えrことができます。

ちなみに著者の社会学者山田昌弘はパラサイト・シングル、格差社会、婚活という言葉を作った方です。

では内容について簡単に・・・

「商品そのものを買っていたのではなく、その商品を買うことによって、それがもたらすであろう幸福を買っていた。」
(幸福の方程式より)

戦後の消費は経済が成長するにつれてどんどん伸びていきます。
皆がモノを買うことに幸せ、喜びを感じてきました。
『商品の消費=幸せ』

戦後の第一段階・・・家族消費の時代
洗濯機を買う・・・便利になる
車を買う・・・家族で遠くへいける 
その商品を手に入れることで生活が豊かになり、そこに幸福を見る

戦後の第二段階・・・ブランド消費の時代
その後成長を続け、モノがどんどん溢れ、80年代に絶頂を迎えます。
すると世の中がより個人、個性へと向かう中、ストーリー性が重要になってくる。
ブランド品という幸福そうなストーリーをもったモノを買うことで、幸福を手に入れたような気になる。

そして今、ブランド消費が霞んできた。
今、人びとの収入が減っていく中で、本当の幸福に近いところでの消費にシフトしている。
フィクションの幸福はサヨウナラ・・・・

マーケティングが意味をなさなくなっているのも同じように考えられます。
従来は、商品⇒属性⇒機能的価値⇒情緒的価値⇒価値観(幸福)
というようにまず商品があって、その商品を購入することでどんな幸福が手に入るか、でした。ですから、その商品から見えてくる価値観(幸福)が支持されたものが売れたわけで、その商品ありきでのマーケティングが可能でした。
しかしもはや最近は、価値観(幸福)⇒情緒的価値⇒機能的価値⇒属性⇒商品
と逆になってしまったのです。例えば、人に認められたいからお洒落をしている人がいたら、お洒落はユニクロで安く抑えて残りをボランティアの活動資金にしたり。

本書の中で幸福の物語として3つパターンを挙げられていて、

① 自分を極めるという物語・・・個人-個人の内的感覚
② 社会に貢献するという物語・・・個人-社会
③ 人間関係の中にある物語・・・個人-個人

それぞれの物語の中で生まれつつある幸福の消費活動が紹介されている。
また、幸福の5大要素が

① 時間密度・・・夢中になれる、やりがいを感じる時間
② 手ごたえ実感
③ 自尊心・・・自分を肯定すること、自信を持つこと
④ 承認・・・他者から認められること
⑤ 裁量の自由

なのだそうです。
そしてこの5大要素を満たすものがあり、それがなんと「仕事」。
例えば、生きがいのために年金を注ぎ込んでまで家業を続ける人がいるそうです。
本来、仕事にはそれくらい幸福があるのです。

さわりしか紹介していませんが、詳しくは是非手にとって頂けたらと思います。
読み手それぞれの立場で、役割の中で、得られるものがあると思います。

何度も言いますが、この秋必読の書!

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

陰翳礼賛・・・柔柔と深い

「われわれ東洋人は何でもないところに陰翳を生ぜしめて、美を創造するのである。」

谷崎潤一郎のエッセイ『陰翳礼賛』(いんえいらいさん)より

日本に生まれ日本人として生きている自分なのに、いつもどこか心そこにあらずというか、これかもしれないと思いながら別のことかもしれないと思う。日本のことを考えるといつもそんな自分がいるのだけど、このエッセイを読むと、そこに座ればよいのですよと言われて座ってみて、気が付けばすんなり安堵する自分がいた。やはり日本の文化の奥に心がすいすいと染み渡っているのだと、初めて本質に触れたような気持ちになった。
日本人なのに日本人であることが良くわからず、その文化に全 く触れぬこともないし、知らぬわけでもない。何か落ち着かず、知りたいから時に実物を見たり、本や雑誌、テレビ・・・で触れる。でも日本のそれを知ろうとそこに飛び込むと何かとらえどころがなく、西洋と言う雑念が潮となりなかなかそこにたどり着けない。やっとの思いでたどり着くとそれはタダ浮いたブイのようなもので、また次を探さねばならずついぞ足を休める場所など見つからない。結局もとの混沌としたところへ馴染んでいかなければならないようなことが繰り返される。
このエッセイは云う。あなたは少し力が入りすぎているだけだから、こうしてみたらよい。こうしてみたら、すぐ近くのそれもそれも日本であるということがおわかりいただけると。するとあれ散々としていたものが、まるで塊のようになり腹の奥に落ちた。

何より知ってほしい文章なので、引用を続けます。

「美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える。」

「われわれの祖先は、女というものを蒔絵や螺鈿と同じく、闇とは切っても切れないものとして、出来るだけ全体を蔭に沈めてしまうようにし、長い袂(たもと)や長い裳裾(もすそ)で手足を隅の中へ包み、或る一箇所、首だけを際立たせるようにしたのである。なるほど、あの均斉を缺(か)いた平べったい胴体は、西洋人のそれに比べれば醜いであろう。しかしわれわれは見えないものを考えるには及ばぬ。見えないものはないものであるとする。強いてその醜さを見ようとするものは、茶室の床の間の百燭光※の伝統を向けるのと同じく、そこにある美を自ら追い遣ってしまうのである。」
(燭光は光の単位、つまり百燭光はすごく明るいこと)

「案ずるにわれわれ東洋人は己の置かれた境遇の中に満足を求め、現状に甘んじようとする風があるので、暗いということに不平を感ぜず、それは仕方のないものとあきらめてしまい、光線が乏しいなら乏しいなりに、したがってその闇に沈潜し、その中におのずからなる美を発見する。然るに進取的な西洋人は、常によき状態を願って已まない。蝋燭からランプに、ランプからが瓦欺(ガス)燈に、瓦斯燈から電燈にと絶えず明るさを求めて行き、わずかな影をも払い除けようと苦心する。」

「漆器と云うと、野暮くさい、雅味のないものにされて島ているが、それは一つに葉、最高や照明の設備がもたらした[明るさ]のせいではないだろうか。事実、[闇]を条件に入れなければ漆器の美しさは考えられないと云っていい。」

「鉄漿(おはぐろ)などという化粧法が行われたのも、その目的を考えると顔以外の空隙へ悉く闇をつめてしまおうとして、口腔まで暗黒を啣ませたのではないだろうか」

心地よい文章の中に、しっくりとくるものが沢山詰まっています。文庫で50ページほどのエッセイです。ゆっくりとした日にぜひご一読ください。

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

こだわりの男はかっこいいねぇ・・・ジョブスに学ぶ

本題に入る前に・・・。
冷蔵庫にあったブルガリアヨーグルト・・・液体化してました。
開封後は早く食べましょう。

さてさて「スティーブ・ジョブスの流儀」を読み終えました。appleはデザインとテクノロジーがもっとも高いレベルで融合した唯一無二の企業であるのだけど、ここの舵取りをする総帥S.ジョブスもまたユニーク。彼に関する本はいくつか出ていて、その読者レビューを読むと、すご過ぎて真似できない、参考にならない・・・的な内容が多いです。確かにその通り。最近は一人の英雄より、弱い個人でも結束すれば最高のチームになる!という考え方が多いと思う・・・トヨタのように。こんな一見独裁者のようなトップの事例は役に立ちにくいかもしれない。でもそうなのかな・・・。

そんな論調が強い中でappleのコアはエリート&少数精鋭主義・・・気に入らない奴は首切りなんて当たり前。でも、その背景にあるのは明確なビジョンとこだわりです。執拗なまでのこだわりが素晴らしいと思いました。常にユーザーの立場、ユーザーの未来のニーズにこだわって半歩先の製品を提供し、新製品が常に大きな話題となる。

どこまでが真実かわかりませんが、appleを辞めた人たちは首になって追い出された人ばかりで、自分から去るものはいないのだそうです。結果を出せない者は大勢の前で大叱責を受け、常時首切り警報が発令されている・・・つまりジョブスの殺気を常に感じながらの仕事。その過酷さにも余りある魅力。

顧客にも社員にもどれだけ未来や希望を与えられるかが、企業の大きな価値基準ですよね。熱く情熱的な人間となり、情熱大陸に出ることは密かに狙っている僕としては良い本でした。

| | コメント (0)