2010年3月26日 (金)

自分をいかして生きる

「自分をいかして生きる」という本を紹介します。

タイトルを見ると自己啓発本みたいですが、違います。
自分の好きなことして、稼いで、幸せになろう・・・みたいなことは書いてありません。
僕なりの言い方させてもらえば、「生き方を問う」本です。

著者は西村佳哲さん。前作の「自分の仕事を作る」が良い本でしかもナガオカケンメイさんが薦めているので本書も読もうと思いました。
その前作ではデザイナーなどのクリエイティブな職種の人に取材をして、受身の仕事ではなく自分なりの問題意識で自分なりの仕事をどうっていけばよいか、というようなことが書かれています。
僕はこの前作をダメダメなサラリーマンをやっている時に読んでいます。本屋で救いを求めるように購入して読んだものの、書かれているのがそもそもクリエイティブな職種の方々であったので、単なるサラリーマンには参考にならないな・・・みたいな気持ちで読み終えたと記憶してます。もちろん西村さんの意図は違いますよ・・・むしろ逆でフリーでクリエイティブの最前線にいるという過酷な状況の人たちが実践している仕事のエッセンスこそ、普遍的で皆のヒントになるから書かれたわけです。

では「自分をいかして生きる」について。
今の世の中、書店に行って本のタイトルを眺めれば一目瞭然ですが、結果ばかりに囚われています。そのためのhow to 本や成功、仕事、生き方についての本・・・、できるだけ知識や技術をすぐに、簡単に学びたい・・・、目標管理やどうアピールするか・・・、こういった類の本がものすごく多い。
その求められる結果とは、言うまでもなく"金儲け"につながっているわけです。金儲けとは汚い言い方ですが、働かざるもの食うべからずという道徳観と相まって、経済的な視点から仕事や生きがいを考える面が強すぎるように思えます。
そんな昨今に対し、西村さんは疑問を呈したのがこの本です。人は「気持ちがあって、思考して、行動して、結果が出る」という順番でものごとを進めていく、それなのに今は「行動して、結果が出る」ところしか気にしなくなっている。「気持ちがあって、思考して」という段階をまるで無意味かのように扱い、そんな暇もないように急かしまくる。
西村さんはこの思考するその前の段階言葉にならない気持ちのような部分こそ重要だといっています。

そういった気持ちや思考を大切にした生き方とは何か、それはプロセスを重要とする生き方です。
本書に自動車デザイナー、家電のデザイナーを経て蕎麦職人をやっている加藤晴之の言葉があります。
「やりたいことが見つからないとか、面白くないということがあってもどの瞬間でも、その中で一番やりたいこ とは多分ある。今どうしたいか、ということ。それをやってゆくと何か見つかってくるんじゃないか」
プロセスを大切にするというのはこういう生き方です。

そういえば僕が学生の頃研究した建築家村野藤吾も「現在主義」という独自のイズムを掲げていました。
そんな村野さんの作風は一貫性の無さが指摘されることもありますが、そうではなく時代や環境によって、また変わりゆく気持ち村野さんの気持ちをその瞬間瞬間に精一杯表現したものでした。

人は終わりや目標がないと不安です。でもその時々を一生懸命に生きていくことが大切です。
あとがきで西村さんも言っていますが、自分がこの世に生を受けたことをどれだけ感謝して、自分をいかすか、これこそが生きがいなのだと思います。

新年度が始まります。こんな本を読むことも、遠回りなようで近道かもしれません。

ではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

捨てられぬ者、得るべからず・・・夢と幻想は違うよ

以前にも自分の余計なものを削ぎ落としていくことが新たな可能性を広げてくれる、みたいなことを書きました。

今回は少し違った面から。

人間生きていれば、将来や進路について悩むわけで。
悩みに悩んで手にとってみた本にはこんな言葉が書いてあると舞い上がっちゃうわけで。
「好きなことを仕事にしよう」「本当の自分を表現すればいいんだよ」「遅すぎることはないんですよ」・・・
確かにその通りとも思います。僕自身そんな言葉に勇気付けられたこともありますし。
でも「捨てられぬ者、得るべからず」という言葉を添えて欲しい。
(でも書かないんだよね、自己啓発系の本は厳しいこと書くと売れなくなっちゃうから。可能性を開くだけ開いてさ)

僕のブログのサブタイトルは確かに「夢をもって生きよう」です。
だから夢はもって欲しいけど、幻想は少しづつ捨てていって欲しい。

将来や進路について悩む人は沢山選択肢をもってる・・・持ち過ぎている。
何でそんなに選択肢をもてるのか・・・それは可能性を見ているから。
その沢山の選択肢のそれぞれにできるかもしれないという希望を見ているから。

宮大工の棟梁は大卒は採用しない、中卒を採るという話がある。
中卒の人は自分が何もできず、ここで収入を得るしかないという自覚で入ってくる一方で、大卒はそれなりにできることがあって、大工の道がダメなら別の道という保険があると思っている。
これが仕事の姿勢にでるから大卒は要らないとなる。
スポーツ選手も同じ、浅田真央ちゃんだって、石川遼くんだってもちろん才能あってのことだけど、そればっかに集中させた親の存在がいたりすると思う。
昔は丁稚奉公だったり、経済的な理由でやむなしみたいな半分諦めの形で、それが自然な形で「退路を断つ」「背水の陣」になっていた。
それが一所懸命な態度として表れる。

だから将来や進路について悩んでいる人、悩める時点で、かなり幸せだということ。
その自覚がスタートであると思う。

あと一つ。
僕もそうですが、デジタルになれた若者で自分で何かを生み出して生きたい人は自覚しておいた方がいいことがあります。
それはPCやインターネットです。これらは諸刃の屋というか、すごく便利で表現の可能性を広げてくれるのは確かだけど、ある程度のものが簡単にできてしまうこと。
昔はデモテープ一つだってかなりの気合が要ったはず。グラフィックだってその色を出すのに何度も何度も試す根性が要ったはず。
そのデジタル機器なりソフトなり使いこなせただけでなんとなく8割、9割はプロに近いものができてしまったりする。
もちろんそっから先は険しい。でも自分には可能性があるように思えていつまでもそこに拘ってしまう。

夢と追いながら、「捨てられぬ者、得るべからず」を意識してましょう。

人にこうやって伝えながら、自分も地面を確り蹴っていくよう自覚させているんですがね。

| | コメント (0)

2010年1月31日 (日)

成長の条件

どんな時、人は変われるのか。

根っからのポジティブな人ってなかなかいないわけで、
成長しながらポジティブに生きることを会得していく。
どんな時に成長するかといえば、もちろん大きな苦労、
失敗や挫折を乗り越えた時なわけで。

ただね、ずっとずっとなぜかな?と思っていたことがあります。

自分を省みて、周りの人を見て、
そんな困難を乗り越えても変われない場合もある。
この人はなんでこんな大変な思いをしてきたのに変わらないのか…とか、
何でだろうって。

今日友人と話しながら、わかった…成長に必要なもう一つの条件が。
それは苦難をのり越える時に、人に頼らない、
若しくは人に頼れない環境下であること。

どんなに辛いことでも、人をあてにしてこなしたことは
ただの学びのない辛い思い出にしかならないということ。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

仕事とお金と夢を捉えなおそう

最近思うこと、それは
仕事とお金と夢を分けて考えられる社会こそ幸福が多いのでは?
ということ。

靴メーカに勤めながら、将来靴屋になることを夢見る僕が何を言うか!
って思うかもしれないけど。

ただ分けてというのは割り切ってとも少し違うよ
いい折り合いのつけ方を模索してみようということ

以前紹介した山田昌弘著「幸福の方程式」の中で幸福を得られる要素として以下の5つが挙げられていた。
① 時間密度・・・夢中になれる、やりがいを感じる時間
② 手ごたえ実感
③ 自尊心・・・自分を肯定すること、自信を持つこと
④ 承認・・・他者から認められること
⑤ 裁量の自由

例えば趣味に没頭する人は①+②+③+⑤
ボランティアに参加する人は②+③+④
みたいな形でそれぞれの活動がなぜ幸福を感じるのか
ならば幸福にする為にはどんなことが必要なのかを書いていた。
そして山田さんは実は仕事こそがこれらの全ての要素を備えていると
仕事の中に幸福の可能性を見直すことを提案されていた

結構気に入った本だったのだけど、
最後の最後に、でもだけど…と思った。

幸福になれればよい、でも現実はそうでもない。
仕事で苦しむばかりの人もいるし、身体や精神を蝕むこともある。
じゃあ幸福の為に個人こじんが仕事とどう関わっていけばよいのか
というところで僕の中で棚上げされていた

でも最近読んだ「格差社会という不幸」の文中、宮台真司さんの言葉でつながった。
宮台さんは、仕事やお金にのみ生き甲斐や夢を見る日本人は不幸だと。
格差が生じるのは避けられない、けれどそれを包摂できる社会にしていかないといけないと。
例えば、先進国最高の自殺率の日本、その理由第一位は経済的なものであること。
つまり、経済な失敗で自殺に追い込まれてしまうほどの烙印を押し、あるいは本人も烙印を押されたと感じ、一度その烙印が押されたものは立ち直ることができない日本の社会
一方沖縄は賃金が低く、失業率も高いのに幸福度が高い、つまり沖縄には包摂する社会がある。

じゃあなぜ山田昌弘さんは仕事と言ったのか
それは日本の中で前述の幸福の5大要素を満たすものを見回してみると仕事くらいしかないからだ。

日本では仕事とお金と夢がゴチャゴチャに絡んでいる
道徳的には別物だと頭でわかっているけどなかなか現実世界ではそうもいかない。
高度成長期の名残とメディアの影響が大きい。
なんだかんだいって仕事とお金と夢をすべて手に入れている人がカッコよく言われる。
だからすべてをかなえている勝馬和代が大々的に扱われたりし、皆そこへ群がる。
ドラッカーを好むのもそのせいかもしれない。
でも仕事とお金と夢を分けて考えることで、夢を実現することの敷居がものすごく下がる。
つまり、幸福を得やすくなるわけ。

日本は仕事以外のコミュニティが貧しい。
例えば欧米では教会などコミュニティとして機能している。
でも日本にはその土壌がない。

そして僕らがやっていかなければならないことは
仕事でないコミュニティで5つの要素を満たせそうなものをつくること。

皆さんも仕事とお金と夢について考えてみてみてくだされ

一つ夢ができた、仕事やお金の基準と違う夢を実現できるコミュニティをつくること。
だって必要じゃない人生仕事だけが全てでないし、仕事に不一致を感じている人たちが沢山いて、そういう人たちが社会をまわしてくれているのだからさ。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

生きるため、人とつながるための経済って

最近経済という言葉が空っぽのように思える。
人がいて、気持ちがあるから経済だったのに。
生きるための、人とつながるための経済だったのに。

一人でも多くの人が幸せを感じながら生きられる世になって欲しい
でもますます拡がる格差…格差社会ってわかる?
頑張れば大金持ちになれる社会じゃないよ。
中間がなくなって貧困層が増えることなんだって
日本はアメリカを追うように、貧困大国にむかっているんだって
暗い話をしているんじゃなくて
明るい未来にしたいから

一つバカなことを言わせてください

お金のある経済とない経済とが併存する社会はできないだろうか
お金でない軸でまわる経済があってもいいんじゃないかな

パンが食べたい
お金で手に入れる方法と
お金でない何かと引き換えに手に入れる方法
どちらもある社会

全部お金が悪いって言っているのではなくてさ
僕だってお金が大切さ、
大好きな本が買えるし、落ち込んだ時にカフェラテでホッとできる
遠くの国との貿易にお金は絶対必要だろうしさ

もう少し人と気持ちに即した経済になれないかなって
個人個人の生活レベルではそれができると思うんだよね
例えば、物々交換に近いかたちで経済のほんの一部だけでもまわすことはできないだろうかということ
難しいのはわかっているよ
だけど・・・できないかなって

お金の軸をなくすことで、社会に流動性が生まれるんじゃないかとも思う
格差は資本主義の宿命で、金融が悪いとか大企業が悪いとかでなくてさ。
強欲者による影響もあるけれど、資本主義下でみな必死に生きていく故でもある。
けれどその結果世の中にお金の壁ができてしまった。
その壁を越えるのってなかなか難しい。
努力しても這い上がれない社会になってきている。
世の中にお金に結びつかない評価軸があれば
可能性が生まれ、再挑戦もできて、
良い循環が生まれるんじゃないのかなって

もう一度言う
お金のある経済とない経済とが併存する社会はできないだろうか
お金でない軸でまわる経済があってもいいんじゃないかな

皆が精出して働いて、仲間と共に笑える社会
それが本当の経済の意味だと思う。

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

マイケル・ジャクソンを見て想う

新年のカウントダウンは、マイケル・ジャクソンnightなるもので迎えました。
マイケルのライブ映像なんかを見ながら、踊って盛り上がる・・・単純なものです。
だけどマイケルの映像を見ながら想ったのは、やっぱり感動と感謝が価値としてきっちり扱われる世の中にしないといけないということ。

誰しも気付きはじめている通り、金融とグローバル化なるものは数字というもので、合理的で一律の価値を世のすべてに押し付けてしまった。・・・というかミイラ取りがミイラになったような
金融とグローバルも全否定はしません。だけれど、それを基準とするのはいかがなものかと。
誰もが心にもつべきもの感動と感謝。
売る側買う側双方がそう思える日が来ると信じて。
僕も微力ながらそういう世界になる為にいかなければいけない。

マイケルからそんなことを感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
twitterのログです↓↓
見ての通り最初あまり乗り気ではありませんでした。

これから年越しイベントに行ってきます。 なんでもマイケル ジャクソンOnlyのマイケルナイトだそうで
posted at 20:22:51

紅白Perfumeが見たかったなぁーと少し思いつつ Perfumeを聞きながら向かうマイケルナイト
posted at 20:25:15

マイケルナイト いまいち歓声のあがるところが つかみきれない ...
posted at 21:28:36

http://twitpic.com/w0qmi
posted at 21:32:37

こんな様子です 次はキャプテンEO
http://twitpic.com/w0r14
posted at 21:36:53

でもやっぱり マイケルカッコイイ
http://twitpic.com/w0wzh
posted at 22:32:06

マイケルはすごいと 身分や格差を超えて世界を一つにできる こういうものは素晴らしい
posted at 22:43:43

ちびのマイケルも
http://twitpic.com/w0z0d
posted at 22:48:59

スリラ〜〜〜
http://twitpic.com/w127i

posted at 23:14:42

Happy new year !
http://twitpic.com/w18xk
posted at 00:01:01

ビリー ジーンの ヒ〜〜〜 の大合唱がウケる
posted at 00:09:51

マイケル ジャクソンを見ていて 感動と感謝が価値となる世の中にしなければいけないと 長い時間がかかっても
posted at 02:43:58 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動画いまいちですけど、こんな雰囲気でした。

| | コメント (0)

あけましておめでとう・・・今年の目標と昨年の反省と

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

昨年を振り返ってみると。
2008年の自分を壊す年から、2009年は新たな基盤を築く年であったと思う。

昨年の今頃は平日は食品工場の深夜勤務と夕刊の配達、土曜日は夕刊の配達とコンビニの深夜をしていたわけで、
確か気持ちの面でも、一年後も数年後もどうなるかわからないけど、やりたいことをしようとただそれだけを決めて、信じて毎日動いていた。
靴の仕事がいいなという思いも少しずつ固まり始めた頃でもあったな。

そんな闇雲な生活から始まった2009年だったけど、友人からのありがたい縁で6月から今の靴メーカーに就職させてもらった。
本当に幸運だった。夢と収入という大きな基盤を与えてもらったのだから。
ミシンや漉き機も買い、作る環境も整えらた、後は技術を磨くこと。

はちゃめちゃなアルバイト生活のありがたい副産物は、世代や職種を超えた友人が増えたこと。特に10くらい若い人たちと友達になれた(・・・なってくれた?)
あとは学生時代から縁遠くなっていた人たちと再会できたこと。みなそれぞれの道で頑張っていて良い刺激をもらえた。
そんな中で人とのつながり方も少し変えた。今自分に与えてもらったものにできるだけ感謝することを心がけてたら、一期一会を大切にしなきゃとか、人と人を結びつけたりとか・・・そんなこともするようになったな。
今年ももっともっと色々なところに積極的に関わって、色々な人と知り合いになりたい・・・なろう。

昨年の終盤は消化不良のように思う。
早く離陸したいのだけど、スピードが上がらずタラタラと滑走路を走り続けてるけてるような、そんな感じがする。
荷物を減らさないといけない。僕の中でまだまだ捨てなきゃならないものがある。
今一番しなければならないは、もっとモノを作ること。それこそが今の僕を計る一番のものさしなのだから。
コツコツと作りながら、それを人に渡していく、地道にそれをやっていくことが結局自分の為の近道だし、やがて人の為になれると思う。
何でも実績がないと話にならないし、そしてそれはこのブログの存在意味にまで関わってくる。言葉だけってのは一番情けないのだからさ。

生活のパターンも見直さなければならないと思う。一歩進んだのだからこれまでとこれからは少し違う、つまりは自分が求める結果も違うから、頑張り方も違う。
まだまだ雇われ根性がびっちりと自分の中にあるけれど、そこから抜け出していかないといけない。これからはだんだんと自分の意思がとても重要になってき て、少しずつそこから出て行く事を考えると雇われていることがすごくすごく護られていることを感じる。だけれど長い目でみてそれは自分にとって決して護る ことにならない時代だということもわかっているのだから、まっすぐ前を見て歩いていかなければいけない。

見直すべき具体的なことを言えば、コンビニのバイトをどうしようかなと考えている。これはこれで収入になるし、与えられている時間中で頑張るということにもなる。
でも、今となっては半分言い訳にもなっていると思う。土曜日の通常の仕事の後、夜中コンビニで働くというだけでとりあえず頑張っている・・・はたから見れば。
確かにこれまではお金を貯めてる為に必要だったけど、今でも十分に貯金があるかといえばそうでないのだけど、そろそろコンビニで働く時間の重要性がそこでもらえる賃金の価値を超えつつあるように思うのです。コンビニの収入は減ってしまうけど、その時間をものづくりや人とのつながりのために使う。その方が長い目で見ればきっと返ってくるものも多いはずだと。

長々書いているけど、要は昨年までで与えてもらったものに感謝する為にも、モノづくりに精を出して発展する一年にする。もっともっと人の為に作りたいし、このブログにも載せたいし、小さなものを作って配るとかもできたらいいと思うし。
それが今年の目標です。

皆様昨年一年本当にお世話になりました。
今年もよろしくお願い申し上げます。

・・・欲張りだから色々やりたいこともあるけどねぇ。。。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

やりたいことがいくつもある人へ

仕事や生活のことでやらなきゃならないことがいくつもあるとき、
どうやって対処しますか?
こんな時はどうにかせざるを得ないので、
どうにかこうにか、優先順位をつけて片付けていくと思います。

では、

やりたいことがいくつもある場合は、どれから手をつけますか?

つまり、自分がこんなふうに進んでいきたいとのような考えて、
どうやって優先順位を決めるかですね。
やらなきゃならないことの場合と違って、こちらは自分に選択権があるわけです。

仕事の場合と違って、基準も自分の内にあるのですから
こっちはこうであっちはああで・・・じゃあどっちをしよう
なんて決め方はなかなかできない・・・。

僕はこんなときこう考えます。

「 どちらのがカッコいいか! 」

ずいぶん軽い表現ですけど

これは何かというと、自分自身を他人の目で見てみるということです。
誤解しないでくださいね。
他人の目を気にするという意味ではないですよ。
こう考えることで自分と他人の中間地点から自分を見れます。

仕事が良くできる人でも、世渡り上手で頭のよい人でも
いざ自分に生き方の選択権が与えられるとなかなか上手く考えられない人がいる。
自分の中で、いくら考えてもどれも答えであるようなないような。
どういった行動をとればいいのか、どっちのが好きなのか
こっちのがお金がかかる/かからないとか、
こっちのが楽だと大変そうだとか・・・グルグルと。

だから一旦外へ出てみるのがいいんです。
そしてこう考えてみる

数日後、数ヵ月後、数年後振り返って
自分がカッコいいと思えるには
今何をすべきかと

自分の本当の気持ちは自分しか知らない・・・だけど選択に迷う自分。
一方で、他人の生き方について、あの人の生き方はスゴイなとかカッコいいなと判断できる自分がいると思います。
カッコいい生き方というのは、本人の気持ちと現実がによって成り立つものです。
自分よがりな人の生き方はカッコよくないですし、
他人や世間ばかりを気にした人の生き方もカッコよくない。
だからこの自分と他人の視野がが平衡状態にあるというか
上手く交錯したこのカッコいいという見方をすることが、
自分を振り返ったり、今後を考える為に丁度良いのです。

日常の小さなことから今後を左右することまで

あなたはどういう生き方の人がカッコいいと思いますか?
その視点で自分を見てみてください。
すると些細なことは気にならなくなると思います。

たとえ、すぐに結果が出せなくてもいいんです。
あとでカッコよいのなら。


| | コメント (1)

2009年11月15日 (日)

じゃじゃ~ん

ついに来ました。
漉き機
ミシンと仲良く隣同士

今年で2つ揃えてしまった
ガンガン使って元取らないとね

これ以上機械は置けないので
頑張って次は・・・うふふ

Photo

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

MARTIN、3分クッキング! 夢の作り方

夢とかやりたいこととかわからないという人は多いです。
やりたいことを持っててすごい、と言われたりもしますけど、
別に他の人と何が違うこともなくって、
強いて言えば安泰なサラリーマンから今に至るまでに
下記の先入観を捨ててきたからかなと

まずは自分の純粋な部分を発見してください。
現実的なことを考えるのはそのあとで。
まずは自分自身を感じ取ってください

① 夢を持たなきゃいけない・・・と思わない

確かにブログのタイトルは夢をもって生きようですが、
夢がないから夢を持たなきゃってことではない。
夢というのは考えて出てくるものではなく、
あるとき自然と気付くようなものだと思います。

また、夢は一度決めたら変えてはいけないものでもない。
僕自身だって夢は少しずつアップデートしている。

② 現在の社会に当てはめない

あなたのやりたいことは既存の職業でないかもしれない。
既存の職業に当てはめようとして、
気付かぬうちに大切な要素を切り捨ててるかもしれない。

③ 収入のことを考えない

一番の難題はこれかもしれない。
よくあるのが・・・月給○○万円以上もらえそうな仕事でやりたい仕事を探そう
・・・みたいなことは一気に選択範囲を狭めてしまう。
実行に移す時、なりたい職業の収入が少ないから、アルバイトで補う
とかいくらでも考えようはあるのだから
独身でも、家庭があっても

④ 人と比べない

ついついその職業の世間的な評価を気にしてしまったり、
カッコいいかとか、憧れの職業であるとか
そんなことよりも懸命に打ち込む姿が一番カッコいいと思います。

⑤ (最初は)社会や人の役に立とうと考えない

社会に貢献したり、人の役に立つことは大切です。
でもはじめから、それを考えすぎるのはどうかなと?
まずは自分がどうしたいかということが大切。
それが、ある程度わかってきた時点で
人や社会に対して何ができるのかを考えてみた方がいいと思う。
そうしないと、○○をして社会の役に立とうと思った時に
それは心から思っているのか単なるエゴか判断ができない。

⑥ 結論は急がない

人ってすぐに結論付けたくなる・・・それで気持ちが落ち着くから。
でもそれは一時的、中途半端は堂々巡りにしかならない。


| | コメント (3)