革製品

2012年5月16日 (水)

トートバッグ

1337168447717.jpg

年末年始のことで、ちょっと新鮮味に欠けるのだけど
友人の為に作ったトートバッグです。

1337168450763.jpg

こだわりみたいなものは特にないのだけど。
革で鞄を作るということは、それなりに覚悟みたいなものが要るんじゃないかと思います。

布でも十分な鞄が作れる。
それでも革で作る、ということは本来覚悟がいると思うのです。

1337168452641.jpg

この鞄は牛の皮からできています。世の中に、牛革の鞄がたくさんあるのは、人間が牛肉をたくさん食べるからです。
布は主に植物から作られます。
牛の皮は、牛がたくさんの穀物を食べ、その副産物としての皮をなめして革になります。

1337168455207.jpg

地球の生態系からいって、食べるために牛をここまで繁殖させるのは、どう考えてもアンバランスです。本来、革はもっと貴重な素材であるはず。革の特性を十二分に活さねばならないと思います。

1337168457385.jpg

革は丈夫な素材です。その特性を活かさずに鞄を作るということはおかしい。
革で作る以上は一生ものを目指さなくてはならないのです。
壊れたり、飽きたから使えなくなるようなことがあってはなりません。

そう思いながら作った鞄です。


追伸
で、その友達がインタビュー=されて
このカバンも載せてもらってます。

http://cocoena.com/projects/002life-style-leather-bag/

http://cocoena.com/2012/03/mono-hacker-vol-002/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

ベビーシューズ

1331073565856.jpg


ベビーシューズを作りました。
これは試しに作ってみたので、誰かにプレゼントするとかではないです。
早く誰かのために作りたいです。

手持ちの革で、おもちゃのように楽しそうな靴にしてみました。

1331073244103.jpg

木型は13㎝
歩き始めるくらいのサイズ

1331073256856.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

斜めがけの鞄

004

この鞄、友人のトートバッグをつくるときの習作のつもりで、自分用に作りました。
人のために作るときは、きちんとしたものが多いのですが、
自分で使うものはザックリとしたものが好きなんです。
友人へはもっとまじめな雰囲気のものを作ります(笑)

001

全部革の鞄は僕にとって重い印象がするので、頒布組み合わせるくらいが心地いのです。
頒布は切りっぱなしを多用しました。ラフな方がほつれたりしてオモシロイ。
革も水で洗ってシワっぽくしてあります。無理やり平にさせたれた革は本来の表情を取り戻し、その方が素材が生きているように思えるのです。

002

地元のCAFEでiPhoneで撮ったのだけど、ちょっと霞んでしまいました。。。

003

中にはポケットを一つ。

この一年、作ることをもっともっと頑張ります。
春あたりから靴も作っていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

二つ折りの財布・・・丈夫でシンプルで、長く使ってもらいたい

Dsc_0177_2

靴を学びながら日々強くなってくる想い
長く使ってもらえるように、丈夫に。飽きずに使ってもらえるように、シンプルに。

前々回の記事の財布を更に進化させて、友人の為の財布を作りました。

Dsc_0181

友人からのリクエストで
札入れ部分は金色です。

Dsc_0180

この財布では中は主にミシンで縫製し、周囲はぐるりと手縫いしました。

Dsc_0175


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

二つ折りの財布・・・靴を作りながら感じたことをかたちにしてみた

Dsc_0178

今まで革製品をすこしづつ作ってきたけれど、自分の中での本質的なものをつかめずにいて、どう作っていいものかいつも悩み、とりあえずいいなと思うものを真似して作ってみたりしていた。

靴の勉強を始めてから、ものを作って人に手渡すということについて、それまで以上に考えるようになった。革、もしくは革製品についても考えるようになった。

今の社会の中での革は、優れた素材というよりも、ステイタスの表現である面、つまりは高級素材として使われている感が強いと思う。
一方、よく耳にするのが、革製で高かったのに、こんなに簡単に壊れてしまって。。。という話。

靴や革製品は高級と頑丈がセットで考えている人が多い。

わかりやすいのは女性用の高級パンプス、これを話すとすぐに理解してもらえる。
manolo blahnikやjimmy chooなど、こういった靴はコンクリートを歩けばすぐにボロボロのなる。そもそも、運転手付きの車で移動してカーペットの上を歩く人たちのためのものだから。
でも革の財布となると、ちょっと驚かれる。高級な革の財布であっても、頑丈で丁寧な仕事故に高級なものもあれば、エレガントさをだす職人技故に高級なものもある。

だから英国王室御用達が売り文句のあるブランドの場合、エレガントさを重要視しているので、1年~数年でボロボロになる。
英国王室御用達だからといってエレガントであっても、頑丈ではないということ。

どちらが大切かは、買う人の考え方なので優劣はないと思う。

ただし作る方は、素材選び、作り方やディテールに生き方から、考え方が表現されてしまうということを意識しなければならないと思う。

そんなことを考えながら、試しに作った財布がこれ。まだまだ改良の余地はたくさんある。でも、やっと少し地に足がついて作ることを考えられたなったと思うのです。


Dsc_0172


Dsc_01771


Dsc_0176


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

お金のたまる(かもしれない)財布

Dsc_0160_2

ある方の財布です。注文は以下のとおり。
ウォレットチェーンが使えること。
金具は真鍮。
カードがたくさん入ること。
札入れの部分を金色にすること(将来の夢のためにお金がたまるよ​うに)
そんな感じをまとめてみました。

が、作り終わるたびにまだまだだなぁって思う夏の日。

Dsc_0164


Dsc_0167

ね、金でしょ!

Dsc_0169


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンキラキンのブックカバー

Dsc_0157_2

ある方へ作ったブックカバー。
派手な感じというか変わった方なので、金の箔の革を地にしました。
まんまだと品がないと思い、ヌメの革でクラシックな模様をつけました。
密かにAlexanderMcqueenを想いながらつくりました。。。

Dsc_0160

Dsc_0161


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

茶色のパスケース

Dsc_0159

茶色のパスケース、ストラップ付きです。
今回は、このブログを見て下さったからのお話で、有難いかぎりです。

Dsc_0161

ストラップは結ぶ感じがいいとのことでこんな風に

Dsc_0158

焼印などは、いつものとおり。
シンプルな感じで、ちょっと可愛らしさもある
そんなカンジでできたかな

次は財布の予定。。。ちょっと変わった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

名刺入れができました

Dsc_0161

友人のために作った名刺入れです。
表は黒のカーフ。中はヌメ。
中のポケットはミシンですが、外は黒の麻糸で手縫いしました。
財布や名刺しれは、外は落ち着いた趣で、中は使う人らしさ、みたいなものが出せたらと思います。

Dsc_0160

右側のポケットの曲線ラインが。。。好きです

Dsc_0173

外は黒で、カーフです。

Dsc_0170

コバは焦げ茶。

Dsc_01631

いつものmartinの焼印。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

パスケースができました。黒とヌメです。

ゴールデンウィークの休みを使って作ったパスケースです。
デザインのベースは以前に作ったパスケースですが、作りをかなり改善しました。

まずはヌメ革

Dsc_0168

ストラップ付きです

Dsc_0178

しっかりmartinのロゴ入り

Dsc_0180

こちらは黒

Dsc_0157

続きを読む "パスケースができました。黒とヌメです。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧